動画配信サービス視聴に使える再生デバイス(機器)を比べてみた!

動画配信サービス視聴に使える再生デバイス(機器)を比べてみた!

動画配信サービスが今アツいのはご存知ですか?

映画やアニメ、ドラマなどがネット上で見ることができる非常に便利なサービスですが
動画配信サービスってどんなデバイス(機器)でみれるの?
といった疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか?

実は動画配信サービスはさまざまなデバイスから見ることができるんです!
しかし動画配信サービスごとに視聴可能なデバイスは異なります。

ここではそれぞれの動画配信サービスを再生デバイスに着目しながら紹介します。

動画配信サービスを契約しようと検討中の方は必見です!

動画配信サービスの再生デバイス(機器)の種類

動画配信サービスを利用する際に使われる主なデバイスは

  • スマホ
  • PC・タブレット
  • テレビ

この3つになります。

スマホから動画配信サービスを利用することができるのはご存知かと思いますが、PCや家のテレビからも視聴することができるんです。

せっかく契約したからにはさまざまなデバイスで楽しみたいですよね!

以下ではこれらのデバイスの特徴とおすすめの活用法について紹介します。

スマホ

動画配信サービスを利用する上で最も一般的なデバイスがスマートフォン。
電車などでスマホから映画やドラマを視聴している人よく見かけますよね!
iOS・AndroidOSどちらにも対応していて、アプリから視聴する方法とブラウザから視聴する方法があります。

ダウンロード機能がついた動画配信サービスの場合、Wi-Fi環境のある家などで事前に動画をダウンロードしておけば、オフラインでも動画を見ることができます。
また持ち運びが楽なので、通勤時間やちょっとした空き時間に非常に便利です。

PC・タブレット

ほとんどの動画配信サービスがPC・タブレットでの視聴が可能です。
デスクトップならお家で、ノートパソコンであればスマホ同様にダウンロードした動画をカフェなどで楽しめます。

PCはブラウザから、タブレットはブラウザまたはアプリから視聴ができます。

例えばHuluで動画を視聴するには
ブラウザの場合
①ブラウザを開き『Hulu』と検索
②公式サイトに入り、Emailアドレスとパスワードを入力しログインする
アプリの場合
①iOSであればApp Store / AndroidであればGoogle playを開く
②『Hulu』と検索し、インストールする
③アプリを起動させ、Emailアドレスとパスワードを入力しログインする

テレビ

スマホやPC画面では小さすぎる!
家の大画面テレビで迫力満点の映画などを楽しみたい!
と思っている方!

実はテレビからも動画配信サービスをみることができるんです!

わざわざレンタルDVDショップに出向く必要もありません。家から一歩も出ずに見たい番組をテレビの大画面で楽しむことができるなんて夢のようですよね!

  • スマートテレビ
  • STB
  • ゲーム機(PS4・PS3・Wii U等)
  • ブルーレイレコーダー

上記のうちのどれかをお持ちであれば、大きな追加料金もなくテレビから動画配信サービスを観ることができます。

スマートテレビ

スマートテレビとは、インターネット機能が搭載されているテレビのことで、最近では販売されているテレビのほとんどがスマートテレビになっています。
はじめからテレビに動画配信サービスのアプリがインストールされているので、ネットに繋ぎログインするだけで簡単に動画を楽しむことができます。
またリモコンにNetflixやHuluなどの専用ボタンが用意されているテレビも増えてきています。

STB

STBとはセットトップボックスの略称のことをいい、テレビのHDMI端子に差し込み、Wi-Fiに接続することで、テレビからインターネットに繋げることを可能にしてくれるアイテムのことです。
最近テレビCMなどでお馴染みのChromecastやAmazon Fire StickもSTBに含まれます。
小さいタイプであれば持ち運びもできるので、旅行先などでも大活躍です。

ゲーム機

ゲームが好きでPS4などのゲーム機をお持ちの方は、そのまま使える可能性があります。

スマートテレビやSTBを買わなくても、ゲーム機があれば動画配信サービスを視聴できるので便利ですが、ゲーム機によって視聴できる動画配信サービスが異なるので注意してください。

ブルーレイレコーダー

一部ソニーとパナソニックのブルーレイレコーダーからも動画配信サービスをみることができます。
対象のブルーレイレコーダーに関してはソニーはこちら、パナソニックはこちらから確認してください。

※詳しい説明・視聴方法はこちらで紹介してるのでご確認ください。

人気の動画配信サービスの再生デバイス(機器)を紹介

動画配信サービスの数は年々増えています。

料金・作品数・サービス内容がそれぞれ異なるように、対応デバイスも動画配信サービスごとに異なります
ここでは代表的な動画配信サービスの特徴と再生デバイスについて紹介します。

U-NEXT

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画・バラエティが高画質で楽しめる日本最大級の動画配信サービスです。
他の動画配信サービスに比べて圧倒的な作品数があります。
『ないエンタメがない』と謳ってるだけあり、アニメ・ドラマ・映画どれも種類が豊富で、見たい作品は必ず見つかるでしょう。
また毎月もらえるポイントを使って、いち早く最新作をみることができます。
対応しているデバイスも多く、4アカウントまで同時視聴が可能なため、家族で利用する方には大変オススメです!

料金 月額1,990円+税
(ポイント毎月1,200円分含む)
無料お試し期間 31日間
複数端末同時視聴 4アカウントまで/同時視聴可
対応デバイス
スマホ・タブレット:iOS / Android
パソコン:Windows(Windows7 SP1以上/8以降/10) / Mac(Mac OS10.5.7以上)
テレビ:U-NEXT TV / ソニー(ブラビア)/ TOSHIBA(REGZA)/シャープ (アクオス/アイシーシーピュリオス)/Panasonic(VIERA)/ LG Electronics(LG Smart TV) /HITACHI (WOOO) /船井電機(FUNAI) /ハイセンスジャパン(Hisense)
メディアプレーヤー:Chromecast / Chromcast Ultra / Nexus Player / Fire TV Stick4K / Fire TV Stick / 光BOX+/ ソニー(ブルーレイディスクプレイヤー)/ソニー(ホームシアターシステム)/ソニー(コンポーネントオーディオ)/シャープ(AN-NP40)/ MOVERIO BT-300 / PIXELA Smart Box / Apple TV
ゲーム機:PlayStation(R)4 / PlayStation(R)4 Pro

 

dTV

dTV

ドコモの配信サービスといえばdTV。ドコモ契約者以外も利用できます。
12万という作品数に月額500円+税というコスパのよさが特徴です。
5アカウントまで作ることができますが同時視聴ができないので、どちらかというとお一人さま向けですね!
スマホ・タブレット・パソコンはもちろん、主なスマートテレビやメディアプレーヤーで視聴可能ですが、ゲーム機には対応していません。

料金 月額500円+税
無料お試し期間 31日間
複数端末同時視聴 5アカウントまで/同時視聴不可
対応デバイス
スマホ・タブレット:iOS / Android
パソコン:Windows (Windows7以上)/ Mac (Mac OS X 10.10.3以上)
テレビ:ソニー(ブラビア)/ パナソニック(ビエラ)/ 東芝(レグザ)/ 船井電機 / 日立(Wooo)/ シャープ(AQUOS)/ ハイセンスdTV対応テレビ
メディアプレーヤー:Google Chromecast / Nexus Player / Amazon Fire TV Stick 4K/ Amazon Fire TV Stick / Apple TV / ココロビジョンプレーヤー / ドコモテレビターミナル / dTVターミナル / ひかりTVチューナー / 光BOX+
ゲーム機:対応なし

 

Hulu

海外ドラマや国内番組が充実していることで有名なHulu。
全作品が見放題なので、追加料金が一切かかりません!
地上波で人気のバラエティ番組も数多く配信しています。
対応デバイスが多いのも特徴です。以前まではPS3にも対応していましたが、2018年末にPS3での視聴ができなくなりました。

料金 月額933円+税
無料お試し期間 2週間
複数端末同時視聴 制限なし/同時視聴不可
対応デバイス
スマホ・タブレット:iOS / Android / Fireタブレット
パソコン:Windows / Mac
テレビ:SHARP(AQUOS) / SONY(BRAVIA) / PANASONIC(VIERA)
メディアプレーヤー:Apple TV / Amazon Fire TV / Amazon Fire TV Stick / Chromecast / Nexus Player/ Air Stick / AQUOSココロビジョンプレーヤー/ STW2000
ゲーム機: PS4 / Wii U

 

Netflix

世界で圧倒的なシェアを誇るNetflix。
他の動画配信サービスに比べて作品数はあまり多くありませんが、Netflix独自のオリジナル作品が多数配信されています。
それらをみるためだけに契約してる人がいるほどオリジナル作品の評価は高いと言われています。
料金プランは3通りあり、大きな違いは画質と同時視聴可能かどうかという点です。
ベーシックはSD、スタンダードはHD。プレミアムはHD・4Kに対応しています。
画質にこだわらず、ひとりでの利用を考えている方はベーシックかスタンダード、家族での利用を考えている方はスタンダードかプレミアムをおすすめします。
またゲーム機含め、対応しているデバイスの数が他の動画配信サービスに比べ圧倒的に多いです!

料金 ベーシック 月額800円+税
スタンダード 月額1,200円+税
プレミアム 月額1,800円+税
無料お試し期間 1ヶ月
複数端末同時視聴 ベーシック 1アカウントまで/同時視聴不可
スタンダード 2アカウントまで/同時視聴可
プレミアム 4アカウントまで/同時視聴可

対応デバイス

スマホ・タブレット:iOS / Android / Windows/ Fireタブレット
パソコン:ほとんどの主要ブラウザに対応
テレビ:TOSHIBA(レグザ)/SONY(ブラビア)/SHARP(AQUOS) / PANASONIC(VIERA) / LG Electronics(LG Smart TV) / 船井電機 /ハイセンスジャパン(Hisense)
メディアプレーヤー:Apple TV / Amazon Fire TV / Amazon Fire TV Stick / Chromecast / Nexus Player/ Air Stick / AQUOSココロビジョンプレーヤー / ドコモテレビターミナル
ゲーム機:PS3 / PS4 / Wii U/ Xbox 360 / Xbox One

 

アマゾンプライムビデオ

アマゾンプライムビデオはアマゾンプライム会員特典の一つです。
年間3,900円という低価格なのにサービスは充実していて、ほかでは見ることのできないオリジナル作品も数多く取り揃えています。
主なデバイスにはほとんど対応していますが、ChromecastとAir Stickには対応していませんのでご注意ください。

料金  3,900円/年
無料お試し期間 30日
複数端末同時視聴 3アカウントまで/同時視聴可

対応デバイス

スマホ・タブレット:iOS / Android / Fireタブレット
パソコン:Windows / Mac
テレビ:SONY(BRAVIA) / Samsung / PANASONIC(VIERA) / LG Electronics(LG Smart TV) /Hisense(2015年55フルHD TV) / TOSHIBA(レグザ)/SHARP(AQUOS) / フィリップス(2016年以降モデル)
メディアプレーヤー:Fire TV Stick / Fire TV Stick4K / Nvidia Shield /Apple TV
ゲーム機:PS3 / PS4 / WiiU

 

DAZN

スポーツファン必見!
DAZNは年間10,000試合以上のスポーツコンテンツが視聴できるサービスです。
サッカーはもちろん野球・バスケットボール・格闘技・アメフト・モータースポーツなど、さまざまな試合をライブ中継と見逃し配信で視聴できます。
料金は決して安くはありませんが、対応デバイスも多く、2つのアカウントで同時視聴が可能なので、家庭内でサッカー派と野球派で分かれても、取り合いになることなく試合を楽しむことができます。

料金 月額1,750円+税
無料お試し期間 1ヶ月
複数端末同時視聴 6アカウントまで/2アカウント同時視聴可
対応デバイス
スマホ・タブレット:iOS / Android / Fireタブレット
パソコン:Windows / Mac
テレビ:SONY(ブラビア) / PANASONIC(VIERA) / LG Electronics(LG Smart TV) / TOSHIBA(レグザ)/SHARP(AQUOS)
メディアプレーヤー:Apple TV / Air Stick / Fire TV Stick / Fire TV Stick 4K / Hikari TV / Chromecast
ゲーム機:PS4 / PS3 / Xbox One

 

一目でわかる再生デバイス(機器)別動画配信サービス一覧表

主なデバイスに対応する動画配信サービスについての一覧表がこちらになります。

U-NEXT dTV Hulu Netflix アマゾンプライムビデオ DAZN
スマートフォン
タブレット
Windows
Mac
SONY(ブラビア)
Panasonic(ビエラ)
TOSHIBA(レグザ)
SHARP(アクオス)
Chromecast
Fire Stick
Apple TV
Air Stick
PS3
PS4
Wii U

 


スマホ・タブレット・PCはほとんどの動画配信サービスに対応している
動画配信サービスの再生デバイスについて説明してきましたが、理解していただけたでしょうか?
ここまで述べてきたことを簡単にまとめると

  • テレビで動画配信サービスを利用するには、対応しているスマートテレビ・STB・ゲーム機・ブルーレイレコーダーのどれかを持っている必要がある
  • 対応デバイスが多くても、複数アカウントを作ることや同時視聴ができない場合があるので、家族での利用を考えている方は特に注意する必要がある

    「見たい作品があって動画配信サービスを契約したけど、自分の持っているデバイスに対応していなかった(泣)」
    なんてことが起こらないように、事前にデバイスについてはきちんと確認するようにしましょう!