【必見】ホラー映画が充実した動画配信サービスとおすすめ作品をご紹介!

ホラー映画が充実した動画配信サービスとおすすめ作品をご紹介!

「ホラー映画って怖いけどつい見ちゃう」
「ホラー映画を見てるときの、手に汗を握る感じが好き」

ホラー映画って、心臓に悪いし夜眠れなくなるって分かっているのについ見たくなる魅力がありますよね。

かくいう私もホラー映画が大好きで、動画配信サービスを利用してよく見ています。

このページを訪れてくれたあなたも、かなりのホラー好きのはず。

ですが、残念ながら…

ホラー専門だったり、ホラーに特化した動画配信サービスはまだないんです!

アニメ専門はあるのに…早く出てきてほしいですね。

そこで、このページでは今人気の動画配信サービスの中で、「ホラー映画が充実しているのは一体どこなのか」についてチェックしていきたいと思います。

途中、動画配信サービスで見ることのできるオススメのホラー映画もがっつりご紹介してくので、ぜひ最後までお付き合いください。

ホラーを多く扱っている動画配信サービス

動画配信サービスでホラーを見るにあたって、まず気になるのって、

「それぞれの動画配信サービスがどれくらいホラー映画を配信しているのか」ですよね。

そこで、私達はホラーが好きな方のために、「各動画配信サービスがどれくらいホラーを配信しているのか」「どれくらいホラーに力を入れているのか」をくまなくチェックしてきました!
ここから、数ある動画配信サービスの中で、ホラー好きな人が検討すべき4つを厳選してご紹介していきます。

dTV(ディーティービー)

dTV
月額料金 500円
作品数 120,000作品
無料お試し期間 31日間
洋画204本 邦画71本 計275本

dTVは、ドコモとエイベックスが共同でお金を出し合って運営している動画配信サービスで、月額料金が安いにもかかわらず、作品数が多くコスパのいい動画配信サービスです。
dTVでは、現在ホラー作品は計275本配信されていますが、1つ注意してほしい点があります。

dTVではジャンル分けが「ホラー・サスペンス」となっているため、この配信数の中にはホラー要素のないサスペンスも含まれています。(オーシャンズ、踊る大捜査線など)
そのため純粋なホラー作品は275本よりも少なく、2/3くらいがホラーに該当するのではないかと思います。(筆者の体感)

 

Hulu(フールー)

月額料金 933円
作品数 50,000作品
無料お試し期間 2週間
洋画70本 邦画62本 計132本

Huluは、もともと海外発のサービスであるため、海外の映画やドラマに非常に強い動画配信サービスです。
2014年には日テレが動画配信事業を買い取ったので、日本の映画・ドラマもかなり充実してきています。
Huluでは、現在計132本のホラー作品が配信中です。
配信数だけを見てしまうと少し物足りなく感じるかもしれませんが、他の動画配信サービスよりも有名どころの割合が多く、十分満足できるラインナップが揃っていると言えるでしょう。

 

Netflix(ネットフリックス)

月額料金 ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円
作品数 非公開
無料お試し期間 30日間
邦画・洋画ともに非公開

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、既存の映画・ドラマの配信だけでなくオリジナルで映画・ドラマ制作をも行っています。
このオリジナル作品にはかなりの予算が注ぎ込まれており、ハリウッド映画とも遜色のないクオリティの作品も数多くあるんです。

Netflixは作品数が非公開のため、ホラー作品の細かい数字は調べることができませんでしたが、およそ200作品以上は配信されています。
その中に、オリジナルのホラー作品もあるとは、Netflixすごすぎますね。

 

U-NEXT(ユーネクスト)

月額料金 1,990円
作品数 120,000作品以上
無料お試し期間 31日間
洋画412本 邦画93本 計505本

U-NEXTは、映画・ドラマだけでなく電子書籍や漫画などとにかく幅広いジャンルを配信している動画配信サービスです。
月額料金は少々高いですが、毎月U-NEXT内で使えるポイントを1200ポイントもらうことができ、有料作品の視聴などに使用することができます。

U-NEXTのホラー作品数は計505作品となっており、ここまで紹介した中では一番多い配信数となっています。
ですが、コチラもジャンル分けが「ホラー・パニック」と区分けされているため、純粋なホラー作品は505作品よりも少ない点は、事前に頭に入れておきましょう。

 

これら4つがホラーを見るときのおすすめの動画配信サービスになります。

コラム(ホラー専門の動画配信サービス)

なんと、ホラーの本場、アメリカではホラー専門の動画配信サービスが始まりました!
その名は、「Shudder(シャダー)」。Shudderとは、「(怖さで)震える」という意味です。
世界中のホラー映画が配信されており、なんとその数400作品以上
ですが、まだアメリカのみの対応だそうです。
早く日本にも上陸してほしいですね。。。


「でも、動画配信サービスってもっとあるよね?」

「〇〇のほうがホラー作品数多かったけどなんで載ってないの?」

はい、動画配信サービスの種類はもっと多くありますし、ホラーの作品数がいまご紹介したものより多いところもありました。

でも、ホラー作品のラインナップをよく見てみてください。
数が少ないのはもってのほか、ホラー作品が多いところでも、

「あれ…?聞いたことないのばっかりだ…」

となるはずです。

ここで紹介している動画配信サービス4選は、ただホラー作品の数が多いところではなく、そのラインナップも確認した上で厳選をしています。

動画配信サービスの波に載って、王道のホラーからマイナーホラーまで、たっぷりホラー映画を堪能していきましょう!

さて、ここからはホラー映画の中でも「怪談・オカルトホラー」「サイコホラー・サイコスリラー」「サバイバル・パニックホラー」と3種類に分けておすすめの映画をご紹介していきます!
もちろん、すべて動画配信サービスで配信されている映画のみを取り上げております!

怪談・オカルト系ホラーのおすすめ映画

「夜道を歩いていると、背中をトントンと誰かに叩かれ、振り向いてみると…」
「誰もいないはずの二階から物音が…おそるおそる二階に上がり、自分の部屋の押し入れを開けてみると…」

怪談・オカルト系のホラーって、背筋の凍るような怖さがたまらないですよね。
「来る…来る…」と分かっているのに、じわじわと追い詰められていく怖さ。

私も大好きですが、怪談・オカルト系を見た後は、未だに夜トイレに行くのが怖いです。

ここでは、本当に夜出歩けなくなるほどとびっきりに怖い、怪談・オカルトホラーをご紹介します。

残穢


(引用元 Hulu)

あらすじ
私(主人公)は、小説家である。かつてホラー小説を書いていたことがあり、「あとがき」には読者から募集した「恐怖体験談」を掲載していた。
その時の縁で、かつての読者であり、岡崎マンションに住んでいる久保から、「誰もいないはずの和室から、ほうきで掃いているような音がする」と相談を受ける。
この相談に興味を持った私は、久保と一緒にそのマンションについて調べていくが、次第に恐ろしい事実が判明していく…
ひとこと感想
岡崎マンションに関するつながりが判明していくところが、本当にゾッとします。日本のホラーにたまにある、「見終わってからもめちゃくちゃ怖い」作品です。

配信している動画配信サービス

リング


(引用元 iをありがとう)

あらすじ

見たものを1週間後に死に至らしめる「呪いのビデオ」
テレビ局のディレクターである玲子(主人公)は、都市伝説の取材をしているうちにこの「呪いのビデオ」を思いがけず目にしてしまう…。
今までこの呪いで死んだ人は、写真に写った顔が歪んでいた。玲子も、同じように写真の顔が歪んでしまっていた。
この呪いを解くために超能力者である元夫に相談をするが…
ひとこと感想
ジャパニーズホラーの火付け役となった映画。設定は今でこそよくありますが、恐怖を感じさせる描写がとても上手です。ホラーが好きならまず見てほしい作品です。

配信している動画配信サービス

イット・フォローズ


(引用元 Hulu)

あらすじ

ジェイ(主人公)は、恋人のヒューとデートを重ね肉体関係を持った。
その後、目をさますとジェイは知らない倉庫にいて、恋人のヒューに椅子に縛り付けられていた。ヒューはジェイにこう告げる。
「それ」は性交をすることで人に移すことができる。
「それ」はうつされた者にしか見えない。
「それ」はゆっくりと歩いて近づいてくる。
「それ」はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
人のような姿をした「それ」がゆっくり歩いて自分に近づいてくるのを見たジェイは、なんとかその呪いから逃げようとするが…
ひとこと感想
とにかく、斬新な設定が面白いです。「それ」がゆっくり歩いて近づいてくるところが、じわじわと恐怖を煽ってきて、ゾワゾワきました。

配信している動画配信サービス

サイコホラー・サイコスリラーのおすすめ映画

人が本当に恐怖を感じるのは、怪奇現象ではありません。

同じ人間がすることに一番恐怖を感じるのです。

不気味な事故を引き起こす少女・人をいたぶることが趣味の狂人などなど…

こういった身近な人への恐怖や、気が狂ったような人(いわゆるサイコパス)に対する恐怖は、人間の心理そのものへ恐怖を与えてきます。
だから、オカルト・怪談系とは違う後味の悪い恐怖を感じるんですね。

このような作品をサイコホラー(スリラー)と呼ぶのですが、ここではそんなサイコホラーのオススメを紹介していきます。

オーディション


(引用元 U-NEXT)

あらすじ

7年前に妻をなくし、息子と2人で暮らしている重治。高校生の息子に「そろそろ再婚でもしたら?」と言われ、再婚を考えていることを友人の吉川に相談すると、映画のオーディションで再婚相手を探すことを提案される。
オーディション応募者の1人、麻美に心を奪われた重治だったが、麻美の愛は恐ろしいほど純粋でまっすぐなものだった…
ひとこと感想
結構グロいので、苦手な方は注意してください。もう、本当に怖い映画です。人間の狂気もここまでいくのかというほどおぞましいです。
覚悟をしてから見ることをオススメします。

配信している動画配信サービス

エスター


(引用元 動画配信サーチ

あらすじ

3人目の子供を流産してしまったケイトと、夫のジョン。2人はこの苦しみを癒やすために孤児院から子供を引き取ることにする。
引き取った子供は、年齢の割に大人っぽい9歳の少女エスター。
だが、ともに暮らしていくうちに、エスターの奇妙な部分が現れてくる。
不審に思い始めた家族は….
ひとこと感想
もう本当に、「サイコホラー」な作品です。エスターの奇妙な部分が次第に分かっていくところが、とてもゾワゾワきます。最後に謎がすべて解けるのですが、それも本当に衝撃的な作品。このゾワゾワを味わってほしくて、あらすじは最低限にしています。

配信している動画配信サービス

ドント・ブリーズ


(引用元 「ドント・ブリーズ」オフィシャルサイト)

あらすじ

不良少女のロッキーは、家から妹を連れて逃げるためにお金が必用だった。ちょうどその時、恋人のマネーから盲目の老人が家に大金を持っているという話を聞く。
盲目の老人の家からお金を盗むのは簡単だろうと考えたロッキーは、友人のアレックスを誘い、マネーとともに3人で強盗に入る。だが、その老人は元軍人で驚異的な聴力を持っており、殺人に抵抗のない老人は家の中で、音を頼りに3人を探し回り…
ひとこと感想
さほど広くはない家の中、盲目の老人に追いかけられるという限定的な状況が、非常にスリルを煽ってきます。普通に老人が見えているのに、ここまで「怖い!」と思わせられるのかと、感動しました。

配信している動画配信サービス

サバイバルホラー・パニックホラーのおすすめ映画

「目が覚めると街中がゾンビだらけになっていて、生き残っている人々が集まって生き延びる方法を探していく…」

サバイバルホラー・パニックホラーというと分かりづらいですが、ゾンビや地球外生命体などによって恐怖を感じる作品をこのように呼びます。
バイオハザードシリーズなどが分かりやすい例ですね。

背筋が凍るような恐怖というよりは、突然「バンッッッ!!」と出てきて驚かせるようなものが多いです。

ちなみに、私が一番好きなホラーのジャンルはこれです。
「いつ来るか…」とドキドキしますし、何よりも夜眠れなくならないのがいいところですね。

ここでは、そんなサバイバルホラー・パニックホラーのオススメをご紹介していきます。

ディセント


(引用元 レコムビ)

あらすじ

交通事故で最愛の夫と娘を失ってしまったサラ。
悲しみにくれるサラを励ますために友人たちが洞窟探検に誘うが、そこは前人未到の洞窟であった。
サラたちが洞窟が入った後、落石が起きてサラたちは洞窟に閉じ込められてしまう。出口を探すサラたちであったが、なにか動物のようなものが通り過ぎる気配がして…
ひとこと感想
人間ではない何かが出てくるサバイバルホラーですが、ディセントはただのホラー作品ではありません。サラ達6人の人間関係も丁寧に描いており、なんとも言えない感情に襲われる作品です。

配信している動画配信サービス

アイ・アム・レジェンド


(引用元 レコムビ)

あらすじ

ウイルスによって人類が絶滅しかけている中、主人公のネビルはなぜか免疫を持っており、ニューヨークでたった一人の生き残りとなってしまった。
ネビルは愛犬のサムとともに、生存者を探すべく毎日無線でメッセージを流すが….
一方、ウイルスによって死んでしまった一部の人々は、人間を捕食する何かに変異してしまっており…
ひとこと感想
SFに近いサバイバルホラー作品です。誰もいないニューヨークでネビルが生存者を探すシーンは、非常に孤独感を訴えかけてきます。いつもとはちょっと違ったホラー作品を見たい方におすすめします。

配信している動画配信サービス

この2つがホラー映画を見る上で最強の動画配信サービスだ!

「ホラーが沢山見れる動画配信サービスはわかったけど、迷うなぁ…」
「全部見てみたいけど、それぞれ見れるのが違いそう…」

その気持ち、とても良くわかります。
私も今でこそ、こうやって動画配信サービスの紹介をしていますが、はじめはどれに登録するかとても悩みました。

そこで、「ホラーを見たいけどこの中でどれにするか悩む!」という方に向けて、「とりあえずこれに登録すれば間違いない!」ものを、理由とともにお伝えします。

定番ホラー映画を沢山見るならU-NEXT(ユーネクスト)

画像

月額料金 1,990円
無料お試し期間 31日間

「定番なホラー作品、ネットに取り上げられているようなホラー作品をまずは見たい」という方には、U-NEXTが1番ぴったりです。
なんといっても、ホラー作品の数がかなり多く、有名どころを一番多く配信している動画配信サービスは間違いなくU-NEXTでしょう。

今回の記事を書くにあたって、動画配信サービスで配信されている有名作品をピックアップしましたが(下の表にまとめてあります)、なんと20作品中16作品も配信されていました。
月額料金は少々高めですが、毎月U-NEXT内で使えるポイントが1200ポイントもらえ、有料作品の視聴に当てることができます。
このポイントを最新のホラー映画などに使うのもいいかもしれませんね。

オリジナルホラー作品を見たいならNetflix(ネットフリックス)

画像

月額料金 ベーシック:800万円
スタンダード:1,200万円
プレミアム:1,800万円
無料お試し期間 30日間

「定番はある程度見たことがある、定番も見たいけどそれ以外のホラーも見たい」という方には、Netflixがぴったりでしょう。
先ほども紹介しましたが、Netflixでは非常にクオリティの高いオリジナル作品が多数配信されています。
2018年ではなんと、1.4億円以上ものお金がオリジナルコンテンツに投入されました。

もちろん、定番作品も多くあり、下の表からは20作品中13作品が配信されています。
定番ホラー映画も、オリジナルホラー映画もどちらも楽しめるのがネットフリックスの魅力ですね。

最後に、この記事を書く上で調べた有名なホラー作品に関して、どの映画がどこで扱われているのかを表にまとめてみました。(月額料金で見放題なもののみを掲載しています。)
もちろん、一部の有名作品のみですが、この表も動画配信サービスを選ぶ際に参考にしてもらえればと思います。

映画名\サービス U-NEXT Netflix Hulu dTV
ディセント
ドントブリーズ
死霊館
エスター
仄暗い水の底から
アンフレンデッド
イットフォローズ
ミザリー
オーメンシリーズ
シャイニング
オーディション
ミスト
IT(イット)
SAWシリーズ (1以外)
羊たちの沈黙
アイ・アム・レジェンド
遊星からの物体X
残穢
13日の金曜日(リメイク版)
呪怨シリーズ
(各動画配信サービスによって、配信されている作品は異なります)

まとめ

このページでは、ホラーを見るのにおすすめの動画配信サービスから、おすすめのホラー映画をジャンル別にご紹介してきました。
「ホラー映画が好きで、月に何度もDVDをレンタルする方」、「借りに行くのは面倒だけど映画はみたいという方」には本当に動画配信サービスはおすすめです。
快適なホラーライフを一緒に楽しみましょう!