Huluの特徴と評判を他社と比較

Huluについて

Huluはアメリカで誕生した、月額定額制オンライン動画配信サービスの先駆け的なサービスです。

日本国内では2011年にサービスが始まって以来、現在に至るまで高い人気を獲得していて、海外のコンテンツだけでなく、日本のコンテンツも充実しています。直近では2017年5月には全面リニューアルが行われサイトURLも「https://www.happyon.jp/」になりました。


サービス名 Hulu(フールー)
無料お試し期間 2週間
サービス種類 月額動画配信サービス
作品数 40,000作品以上
料金 月額933円

Huluの無料期間に申込む

Huluの特徴と他社比較

海外・国内の映画やドラマが豊富

HUluはもともと海外からスタートしているだけあり、海外の映画やドラマのラインナップが豊富です。日本でも人気が高いタイトルを中心アクション、サスペンス、コメディなどたくさん。

2014年4月に日本テレビ子会社が運営することになったことで、日本の映画・ドラマといった作品も増えつづけています。過去に見逃した作品がある人はチェックしておきましょう。日テレ以外にTBSの人気ドラマも取り扱っており視聴が可能です。

また2014年にはバンダイチャンネル(アニメ動画配信サービス)との提携を開始して、アニメのラインナップも豊富!「昔のアニメがみたい!」という人もきっと作品がみつかるはずです。

吹き替え・英語字幕作品が多数

Huluは配信している海外コンテンツのほとんどが字幕・吹き替え対応していて、字幕の種類も日本語と英語があるので、Huluを使って映画やドラマを楽しみながら英語学習をしている人もいます。

海外作品では独特の言い回しもあるので、自然の英語学べるといった評判もみかけました。

クレジットカード払い以外にも対応

huluではクレジットカードの他、PayPal、ドコモケータイ支払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Huluチケット(プリペイド)、そしてiTunes Storeにも対応しています。

なのでクレジットカードを持っていないという人、例えばクレジットカードをまだ作れない20歳未満の人でも動画配信サービスを受けることができるのでおすすめです。

プリペイドカードは自分用として購入する他、人への贈り物としてHuluチケットを購入する人もいます。

チケットであれば課金した期間が終了すれば、その後の自動課金が走ってしまう心配もないので、「解約し忘れ」のクセがある人にもおすすめ。

デバイス間のシームレス再生機能

Huluの便利な機能としてシームレス再生機能があります。この機能があることでデバイスでコンテンツを視聴している途中(PCで)に他のデバイス(スマートフォン)に移動しても、すぐにその続きから再生することができます。

通勤・通学の電車の中で途中までみて、残りは自宅でゆっくり観るといった使い方ができ、シームレスなら「デバイスと移した時に飛ばすのが面倒」っといった事もないは嬉しいですね。

Huluはパソコンやスマホはもちろん、テレビやゲーム機など様々なデバイスに対応しているので、日常での利用シーンにHuluを活用してみてはいかがでしょうか。

Huluの評判

テレビCMを放映するなどユーザー獲得に熱心な力を入れているHuluは2016年9月時点の日本国内の会員数は150万人以上、月額定額制の動画配信サービスではdTVに次いでシェア2位を誇っています。

世界全体では3,200万人を突破し、海外最大の会員数を誇るNetflixには及ばないものの着実に登録者数を伸ばしてきています。

国内いりしてきた時には、日本では配信タイトル数が多くなかったため「もの足りない」「見たい動画すくないてしょぼい」との評判も一部で見られましたが、現在は日本のコンテンツも拡充しているので、海外の映画・ドラマファンはもちろん、国内作品も楽しみたいとう人におすすめできるサーボスになっています。

料金は月額933円で普通、安さではdTVやAmazonプライム・ビデオに遅れを取っていますが、これで多くの作品が見放題になるのならリーズナブルの料金設定か思います。

Huluはサービス面で2017年5月に全面リニューアルを実施しましたが、「再生が重い」「画質が落ちた」といったトラブルに加えて、著作権保護によりHDCP非対応機器で再生ができなくなったことで関して事前の告知が無かったため、ユーザーに不安視する人もいまは多いですが、ドメイン名の件もあってHuluの先行きに不安は感じながらも今後の動向に注目していきたいサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。