TSUTAYA TVの特徴と評判を他社と比較

TSUTAYA TVについて

TSUTAYA TvはCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のT-MEDIAホールディングスが運営する動画配信サービスです。

月額定額制の「動画見放題プラン」に申込めば見放題対象作品が何本でも観られ、新作を2本分視聴可能なポイント配信もされる、他社と比較してもお得感では負けないサービスです。


サービス名 TSUTAYA TV
無料お試し期間 31日間
サービス種類 月額動画配信サービス
作品数 85,000作品以上
料金 月額933円(見放題プラン)

TSUTAYA TVの無料期間に申込む

TSUTAYA TVの特徴と他社比較

「動画見放題プラン」が魅力!

TSUTAYA TVででは見放題と都度払い作品を含めて、約50,000本の作品数が取り扱われています。ジャンルとしては洋画や邦画が中心となっていて、先述のジャンル意外にアニメの韓流などアジアTVドラマや海外(欧米)TVドラマといった作品も視聴できます。

お得なプランとしては月額料金933円の「動画見放題プラン」が用意せされていて、見放題の対象となっている動画であればどれだけ楽しんでも月額料金以外の課金は発生しません。

見放題の対象動画は、いまのところ全体の5分の1ぐらいなので、ラインナップ全体に対する割合としてTSUTAYA TVは他社より少々少ないですが、過去作品の名作も取り扱っているので昔の映画・ドラマを見返したいという人は楽しめると思います。

「動画見放題プラン」に加入していれば、毎月配信されるポイントで動画2本まで視聴する事ができるので、これもTSUTAYA TVの楽しみ方を広げてくれるのでありがたいですね。今まで出会えなかった作品に出会えるチャンスも広がるはずです。

TSUTAYA DISCASとセット観れる作品が増える

TSUTAYA TVと運営が同じの宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCUSと合わせて利用することもできます。TSUTAYA DISCUSの「動画見放題 & 定額レンタル8」がセットで申込みできます。

このプランらTSUTAYA TVの動画見放題プランが初めから内容に含まれていて、これなら動画配信されているタイトルにプラス宅配サービスでDVD23万タイトル・CD17万タイトルも宅配レンタルして楽しむことができます。

映画だけじゃなくて音楽も良く聴くという人は、たくさんの作品を心ゆくまで満喫できます。宅配サービスでDVDやCDを借りる時は、ネットで注文すればOK。数日中に自宅のポストに投函され、返却時も通常の郵便と同様に郵便ポストから送ればいいだけなのので安心です。

月額費用については、2,417円と他の動画配信サービスと比較すると高く感じるが、他のサービスにはないポイントといえます。

映像プリペイドカードで動画購入できる

TSUTAYA TVでは「映像プリペイドカード」という、TSUTAYAの実店舗で販売されているカードがります。

好きな作品のカードを選んで購入後に、記載されているPINコードをTSUTAYA TVで入力すると、その作品がTSUTAYA TVで「購入済リスト」に追加され、いつでも購入した作品を視聴することが可能になるの見放題サービスにはなく、いままで何度もみてきた作品があるという人は、プリペイド購入することで、いつでも大好きな作品を楽しむ事が可能です。

1作品3,000円前後でれんたるではなく購入という形になるので、実店舗で気になる作品のカードを見つけたら忘れないうちに購入しておくのも良いが、定期的にリピートする映画をネット動画化するという方法の邦画コストパファーマンスは高いと感じます。

TSUTAYA TVの評判

月額定額の「動画見放題プラン」かつ新作2本分を視聴する事ができる配信ポイントがもらえるのは「旧作では物足りない」という人には嬉しいサービスです。

他のサービスにはないので評判でも、この部分をポイントにあげている人が多く、月額費用の事を考えても十分に元はとれていると感じます。

TSUTAYA TV動画配信ラインナップは、ズバ抜けていいというよりは安定したラインナップといえます。

ですが、作品では良い点をだしているTSUTAYA TVはユーザーインターフェースの悪さの評判が契約数の増加の足をひっぱる形と頑丈ではなっています。評判を見ても、特にアプリはiOS版、Android版ともに、アプリ自体のUI(ユーザーインターフェース)の使いにくさんに言及している声がおおく、アプリ単体の評判はけしていいとはいえません。

TSUTAYA TVを見る限りでは、動画配信サービスとしては若干の出遅れ感がただよっているもののTSUTAYAレンタルビデオで培ったノウハウで、ネットの動画視聴ユーザーの利用シーンの変化に、TSUTAYA TVがどのように対応していけるのかを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。