【2020年最新】PIXAR/ピクサー映画歴代作品一覧とランキングTOP10!人気作から最新作まで!

映画好きな人でなくても誰もが一度聞いたことのあるピクサー(Pixar)。
初作品『トイ・ストーリー』が1995年に公開されて以来、圧倒的な興行収入を収めてきました。

現在はディズニーの傘下会社であるピクサーは、もともとはルーカスフィルムのCGアニメーション部門ですが、スティーブ・ジョブスにより買収され、会社名がピクサーになりました。

本記事では、ピクサーの歴代作品を振り返ってみて、

・歴代作品一覧と、意外と知らない短編作品10選
・全20作品から10作を厳選した人気作品
・2020年公開予定の最新作2つ

とまるっと紹介していきますよ!

ピクサーファンはもちろん、面白くて絶対見るべきな名作を探しているあなた、ぜひ最後まで付き合ってください!

ちなみに、ピクサー映画を始め、ディズニー映画やマーベル、スター・ウォーズシリーズをフルで、見放題で無料視聴するなら、動画配信サービス「ディズニーデラックス」がおすすめです!

ディズニーデラックス(Disney DELUXE)
月額料金 770円(税込)
作品コンテンツ ・ピクサー作品
・ディズニー作品
・マーベル作品
・スターウォーズ作品

↓初月無料(31日間)のディズニーデラックスに登録↓
公式サイト

それでは、早速ピクサー映画を最初から順番で見ていきましょう!

歴代ピクサー作品一覧!大ヒット作からスピンオフまで

では早速、ピクサー作品として一番最初に公開された長編作品を公開順に一挙紹介していきますね。誰もが知っている大ヒット作品の多い長編作品とは別に、ショートムービーも厳選して紹介しますので、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ピクサーアニメの長編作品全28作を一挙紹介!

『トイ・ストーリー』シリーズ

トイ・ストーリー(1995)
(Disney DELUXE 公式より)
トイ・ストーリー2 (1999)
(Disney DELUXE 公式より)
トイ・ストーリー3 (2010)
(Disney DELUXE 公式より)
トイ・ストーリー4 (2019)
(Disney DELUXE 公式より)
ニセものバズがやって来た(2011)
(Disney DELUXE 公式より)
レックスはお風呂の王様(2012)
(Disney DELUXE 公式より)
トイ・ストーリー・オブ・テラー! (2013)
(Disney DELUXE 公式より)
トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド (2014)
(Disney DELUXE 公式より)

『カーズ』シリーズ

カーズ(2006)
(Disney DELUXE 公式より)
カーズ2(2011)
(Disney DELUXE 公式より)
カーズ/クロスロード(2017)
(Disney DELUXE 公式より)

『リロ&スティッチ』シリーズ

リロ&スティッチ(2003)
(Disney DELUXE 公式より)
リロ&スティッチ2(2005)
(Disney DELUXE 公式より)

『モンスターズ・インク』シリーズ

モンスターズ・インク(1998)
(Disney DELUXE 公式より)
モンスターズ・ユニバーシティ(2013)
(Disney DELUXE 公式より)
マイクとサリーの新車でGO!(2002)
(Disney DELUXE 公式より)
モンスターズ・パーティー(2014)
(Disney DELUXE 公式より)

『Mr.インクレディブル』シリーズ

Mr.インクレディブル(2004)
(Disney DELUXE 公式より)
インクレディブルファミリー(2018)
(Disney DELUXE 公式より)

『ファインディング・ニモ』シリーズ

ファインディング・ニモ(2003)
(Disney DELUXE 公式より)
ファインディング・ドリー(2016)
(Disney DELUXE 公式より)
インサイド・ヘッド(2015)
(Disney DELUXE 公式より)
アーロと少年(2016)
(Disney DELUXE 公式より)
メリダとおそろしの森(2012)
(Disney DELUXE 公式より)
リメンバー・ミー(2018)
(Disney DELUXE 公式より)
ウォーリー(2008)
(Disney DELUXE 公式より)
カールじいさんの空飛ぶ家(2009)
(Disney DELUXE 公式より)
ベイマックス(2014)
(Disney DELUXE 公式より)
シュガー・ラッシュ(2013)
(Disney DELUXE 公式より)
バグズ・ライフ(1998)
(Disney DELUXE 公式より)
レミーのおいしいレストラン(2007)
(Disney DELUXE 公式より)

「ディズニーデラックス」では最大フルHDまで、日本語・英語の音声、日本語・英語の字幕のON/OFFを自由に組み合わせて作品を見放題できます。

ここまで読んで気になった作品があれば、「ディズニーデラックス」の無料期間を使ってピクサー映画を楽しんでみましょう!

ディズニーデラックス(Disney DELUXE)
月額料金 770円(税込)
作品コンテンツ ・ピクサー作品
・ディズニー作品
・マーベル作品
・スターウォーズ作品

↓初月無料(31日間)のディズニーデラックスに登録↓
公式サイト

意外と知られてない?ピクサーのショートムービー10選

ピクサーには、通常の映画よりも短く作られているショートムービーが多くあります。

そして、そのショートムービーの中にはアカデミー短編アニメ賞を受賞した作品も多くあり見応えは抜群!

長編映画のクオリティを落とすことなく、映画に比べて比較的に短いので気負わず、サクっと見ることができます。

数あるピクサーのショートムービーの中でもおすすめの作品を10作品紹介していきますね。

ルクソーJr.(1986)
(Disney DELUXE 公式より)
ティン・トイ(1988)
(Disney DELUXE 公式より)
フォー・ザ・バーズ(2000)
(Disney DELUXE 公式より)
ジャック・ジャック・アタック!(2005)
(Disney DELUXE 公式より)
月と少年(2011)
(Disney DELUXE 公式より)
紙ひこうき(2012) (Disney DELUXE 公式より)
ブルー・アンブレラ(2013)
(Disney DELUXE 公式より)
愛犬とごちそう(2014)
(Disney DELUXE 公式より)
ひな鳥の冒険(2016)
(Disney DELUXE 公式より)
Bao(2018)
(Disney DELUXE 公式より)

人気を誇る歴代ピクサー映画のほか、ちょっと変わったショートムービー10作紹介してきました。実は「ディズニーデラックス」ではピクサー映画だけでなく、ショートムービーも見られるんです!

早速ショートムービーを見てみようと思っている方はぜひ「ディズニーデラックス」の無料お試しを利用して視聴してみてください。

ディズニーデラックス(Disney DELUXE)
月額料金 770円(税込)
作品コンテンツ ・ピクサー作品
・ディズニー作品
・マーベル作品
・スターウォーズ作品

↓初月無料(31日間)のディズニーデラックスに登録↓
公式サイト

ピクサー映画の人気ランキングTOP10!

ピクサー映画の中でも、子どもにもおすすめできるアニメを中心に、大人も楽しめる作品をランキングにしてみました。

人気のあるピクサー映画は、ただ面白いだけではなく、感動して泣ける心に残る良い作品が多いのも特徴です。

ランキングで紹介する作品は、大ヒット作品なので、興行収入ランキングも紹介しちゃいます!

【10位】ファインディングニモ

公開年 2003年 ジャンル アドベンチャー
コメディー
子ども・家族向け
興行収入 $940,335,536(5位) 評価 filmarks:3.6
その他 第76回アカデミー賞で長編アニメ賞
あらすじ・見どころ・感想を読む
好奇心いっぱいなカクレクマノミの子供ニモが、ある日突然、オーストラリアのグレート・バリアリーフから歯医者の水槽に連れ去られてしまった。ニモを救うため、心配性なニモの父マーリンと優しいけど物忘れのひどいドリーが大冒険に出発する。ベジタリアンのサメ、サーファーのカメ、プヨプヨなクラゲ、お腹をすかせたカモメなどたくさんの生き物たちと出会う旅の中で、マーリン自身もたくましく成長していく。果たして彼は、無事にニモを救い出すことができるだろうか?
(Disney DELUXE 公式より)
みどころ

カクレクマノミの親子ニモとマーリンだけではなく、ドリーやサメ、カメのクラッシュなど、脇役として登場するキャラクターが可愛くて面白いので、何度見ても飽きることがありません。過保護すぎるマーリンが、子離れするシーンや、ニモの成長など魚の世界ではあるものの、人間の世界とダブって見えてしまうなど、子どもだけではなく大人もたっぷり楽しむことができます。


ディズニーデラックスで無料視聴

【9位】トイストーリー2

公開年 2000年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $245,852,179(11位) 評価 filmarks:3.8
その他 57回ゴールデングローブ賞(作品賞(ミュージカル・コメディ部門))、28回アニー賞(長編アニメ映画賞)、5回放送映画批評家協会賞(最優秀アニメーション作品賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
ウッディ誘拐事件が発生!バズとオモチャ仲間たちは、ウッディを見つけ出すために、決死の覚悟で外の世界に飛び出します。一方、“超プレミア人形”として、カウガール人形のジェシーや馬のブルズアイと一緒に日本のオモチャ博物館へ送られようとしていたウッディは、ジェシーからある事実を聞かされて、仲間たちの元に戻りたい気持ちが揺らぎ始めていました。そんな時、さまざまな危険をくぐりぬけ、バズたちがウッディ救出に現れて・・・。ノンストップで突っ走るクライマックスの連続!
(filmarksより)

みどころ

大人気アニメ「トイ・ストーリー」の第2弾で、今回はウッディが「超プレミア人形」ということから誘拐されてしまうというところからストーリーが始まるのですが、ウッディを助けるためにおもちゃの仲間たちが奮闘する様子がハラハラ・ドキドキして本当に面白いです。新たにカウガール人形のジェシーや馬のブルズアイなども加わっています。


ディズニーデラックスで無料視聴

【8位】カールじいさんの空飛ぶ家

公開年 2009年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $293,004,164(7位) 評価 filmarks:3.6
その他 82回アカデミー賞(長編アニメ映画賞作曲賞)、67回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞作曲賞)、63回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)、81回ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アニメ映画賞)、37回アニー賞(長編アニメ映画賞)、5回オースティン映画批評家協会賞(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
78歳のおじいさんカールは、亡き妻エリーとの「いつか南米を冒険しよう」という約束を果たすため、一世一代の冒険の旅へ。思い出が詰まった大切な我が家に無数の風船をつけ、家ごと旅立つカール。少年ラッセルら旅の仲間たちとともに、目指すは南米の秘境、伝説の場所、パラダイスの滝!
(filmarksより)
みどころ

冒頭部分から感動して涙いっぱいになる作品。おじいさんカールが思い出す時の思い出の見せ方がすごく素敵で最高!年齢を重ねた時に自分はどんな風になっているのだろう。どんな思い出が残るのだろうかと思わせてくれる作品です。


ディズニーデラックスで無料視聴

【7位】レミーのおいしいレストラン

公開年 2007年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $206,445,654(16位) 評価 filmarks:3.7
その他 80回アカデミー賞(長編アニメ映画賞)、65回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)、33回ロサンゼルス映画批評家協会賞(アニメ映画賞)、61回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード監督によるピクサーの長編アニメ映画。料理の才能がない見習いシェフのリングイニと偶然お店に侵入した料理の天才であるネズミのレミーが人気料理店を築くまでを描く。
(filmarksより)
みどころ

料理を作るシーンが何度見ても面白くて、美味しそうで、数あるディズニー、ピクサー映画の中でもダントツ!という人が多い作品です。レミーが本当にかわいい。ねずみ同士の家族愛に、人間もそうありたいとつい思ってしまう作品です。


ディズニーデラックスで無料視聴

【6位】ウォーリー WALL・E

公開年 2008年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $223,808,164(14位) 評価 filmarks:3.7
その他 81回アカデミー賞(長編アニメ映画賞)、66回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)、34回ロサンゼルス映画批評家協会賞(作品賞)、62回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)、ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アニメ映画賞)、4回オースティン映画批評家協会賞(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
29世紀。ひとり汚く荒れ果てた地球のゴミ処理をし続けるロボット・ウォーリーは、突如現れたロボット・イヴに一目惚れするが……。愛の素晴らしさがわかるラブストーリー。
(filmarksより)
みどころ

いつか地球上で当たり前になっているのでは?と思わせてくれるロボットと人間の交流がリアルで面白い作品です。前編CGとなっているアニメ作品ですが素敵な作品に仕上がっています。言葉を話すことのできないロボットの表現力が豊かな部分に心を震わせる場面がいくつもあるのでおすすめです。


ディズニーデラックスで無料視聴

【5位】インサイドヘッド

公開年 2015年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $356,461,711(5位) 評価 filmarks:3.7
その他 88回アカデミー賞(長編アニメ映画賞)、73回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)、69回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)、87回ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
11才の少女ライリーの頭の中の“5つの感情たち”─ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。遠い街への引っ越しをきっかけに不安定になったライリーの心の中で、ヨロコビとカナシミは迷子になってしまう。ライリーはこのまま感情を失い、心が壊れてしまうのか? 驚きに満ちた“頭の中の世界”で繰り広げられる、ディズニー/ピクサーの感動の冒険ファンタジー。観終わった時、あなたはきっと、自分をもっと好きになっている。
(filmarksより)
みどころ

この作品の設定が、今までの映画にはないものなのでスゴイ!と思ってしまいます。人の心の中にある感情を擬人化して頭の中を描いているということになるのですが、それがリアルで面白いです。頭の中の冒険から精神の成長を描くというストーリーが斬新で素敵な作品となっています。


ディズニーデラックスで無料視聴

【4位】インクレディブルファミリー

公開年 2018年 ジャンル アドベンチャー
コメディー
子ども・家族向け
興行収入 $608,581,744(1位) 評価 filmarks:4.0
その他 90回ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
悪と戦い、人々を守ってきたヒーローたち。だが、その驚異的なパワーに非難の声が高まり、彼らはその活動を禁じられていた——。そんなある日、かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。だがミッションを任されたのは――なんと妻のヘレンだった!留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し・・・。一方、ミッション遂行中のヘレンは“ある事件”と遭遇する。そこには、全世界を恐怖に陥れる陰謀が!ヘレンの身にも危険が迫る!果たして、ボブたちヒーロー家族と世界の運命は!?
(filmarksより)
みどころ

ミスターインクレディブルの家族を描いた作品で、強くてかっこよくて面白いミスターインクレディブルの活躍だけではなく、ごくごく当たり前にある家族も描いていて面白いです。それぞれの持つ力が覚醒するところなど見どころ満載です。単純に見て楽しむことのできる作品です。


ディズニーデラックスで無料視聴

【3位】モンスターズインク

公開年 2002年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $255,873,250(10位) 評価 filmarks:3.9
その他 74回アカデミー賞(歌曲賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
ディズニーとピクサー製作のフルCGアニメーション映画。モンスター・シティのエネルギー源である子供の悲鳴を集める会社「モンスターズ株式会社」で活躍するサリーとマイクが、街を揺るがす大きな騒動を巻き起こす。
(filmarksより)
みどころ

子どもの悲鳴を集めるという不思議な世界に生きるモンスターたち。ブーと出会ったサリー・マイクが可愛くて面白いです。なんとも言えない世界観にどっぷりハマってしまう人続出!ブーが文句なく可愛くて、ブーと接することでサリーやマイクの気持ちも変化し、愛情を持つようになっていき、最後は思わず涙してしまいます。

https://twitter.com/match_takae/status/1234274857220804611?s=20

ディズニーデラックスで無料視聴

【2位】リメンバー・ミー

公開年 2018年 ジャンル 音楽
ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $209,726,015(15位) 評価 filmarks:4.1
その他 90回アカデミー賞(長編アニメ映画賞歌曲賞)、75回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)、71回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)、89回ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。
(filmarksより)
みどころ

人々の持つイマジネーションの可能性を最大限に感じることのできる作品です。誰も見たことのない死後の世界を明るくピクサーの世界観で描かれているので、楽しむことができます。死とはどういうものなのかを感じることができ、考えることのできる作品です。


ディズニーデラックスで無料視聴

【1位】トイストーリー3

公開年 2010年 ジャンル ファミリー
子ども・家族向け
興行収入 $415,004,880(4位) 評価 filmarks:4.0
その他 83回アカデミー賞(長編アニメ映画賞歌曲賞)、68回ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)、36回ロサンゼルス映画批評家協会賞(アニメ映画賞)、64回英国アカデミー賞(アニメ映画賞)
あらすじ・見どころ・感想を読む
17歳になったアンディは、大学に行くため部屋を空ける準備を始めていました。ウッディやバズたちオモチャ仲間は、アンディとの別れの予感に戸惑うばかり。そんなある日、ウッディたちは手違いで、なんと、保育園に寄付されてしまいます!そこに暮らすたくさんのオモチャたちに歓迎されて喜ぶバズたちは、アンディの元へ帰ろうと訴えるウッディには耳を貸しません。たったひとり脱出したウッディでしたが、仲間たちに危険が迫っていることを知り、救出に戻るのですが・・・。ウッディたちを待ち受けていた、“思いもよらぬ運命”とは?
(filmarksより)
みどころ

大人になったアンディとウッディをはじめとするおもちゃたちとのお別れを描いた作品。ウッディやバズなどおもちゃたちの冒険は、シリーズを通してハラハラドキドキしながら見ることができますが、それと並行して、子どもから大人へと成長していくアンディの様子と、昔のアンディのようにおもちゃを大切にして遊ぶ女の子が描かれていくところは、時代が変わってもおもちゃは子どもたちに愛されていくことがわかります。
シリーズ1からのリンクなどが随所に散りばめられているので、トイ・ストーリーファンはたっぷり楽しむことができます!


ディズニーデラックスで無料視聴

2020年公開予定のピクサー最新作2選!

ここからは、2020年公開予定となっているピクサーの最新作を2作品紹介します。公開前から何かと話題となっている作品なので、今からチェックして公開日を心待ちにしてみてはどうでしょう。

『2分の1の魔法』【2020年3月13日公開】

公開予定日 2020年3月13日 ジャンル ファミリー
あらすじを読む
はるか昔は魔法に満ちていたが、時の流れと科学や技術の進歩と共に忘れ去られ、“魔法が消えかけた”世界が舞台。主人公イアンは生まれる前に亡くなったお父さんに“一度だけでいいから会いたい!”と願う自分に自信のない少年。何をやっても上手くいかず自分に自信を持てないが、実は隠れた魔法の才能を持っている。兄のバーリーは幼い時にお父さんを亡くし“もう一度だけお父さんに会って伝えたいことがある”弟のイアンとは正反対の陽気な性格のキャラクター。2人は“お父さんに会いたい”という願いを叶えるため、父を完全(全部)に蘇らせる魔法を探す旅に出るが、彼らに残された時間は、たったの24時間。24時間以内に魔法を完成させないと二度と会えなくなってしまうが…。
(filmarksより)

『ソウル(原題)』【2020年夏公開予定】

公開予定日 2020年 夏 ジャンル ファミリー
あらすじを読む
ニューヨークにある伝説のジャズ・クラブ「ブルー・ノート」で演奏することを人生の目的とする中学校の音楽教師ジョー・ガードナー。日々の生活のため中々夢に辿り着けずにいたジョーは、ある日下水溝に転落して死亡してしまう。気がつくとジョーは、魂が生まれ人間に与えられる前に性格や人柄を与えるための宇宙の教室「あなたセミナー」にいた。そこでジョーは、まだ生まれたばかりの人間嫌いの魂22に出会う。彼女は地球に行くことを嫌がっていたが、ジョーと22は協力してジョーが地球へと戻る方法を探すため宇宙を旅することとなる。
(filmarksより)

ピクサー映画のまとめ

子どもから大人まで楽しむ事のできる大ヒットしたピクサー映画を中心に紹介してきました。

ピクサーで作られている作品は、名作と言われるものから短編作品まで数多くあり、そのどれもが本当に面白くて、ワクワクするものばかり。

そんなピクサー映画は、ディズニーデラックスで見放題となっています!

ディズニーデラックスでは、ピクサーの作品だけではなく、他のディズニー関連の作品もたっぷり楽しむことができるので、ディズニー・ピクサーファンはもちろん、これから親子で楽しみたいという人はぜひ31日間無料体験を使って利用してみてはどうでしょう!

ディズニーデラックス(Disney DELUXE)
月額料金 770円(税込)
作品コンテンツ ・ピクサー作品
・ディズニー作品
・マーベル作品
・スターウォーズ作品

↓初月無料(31日間)のディズニーデラックスに登録↓
公式サイト