【最新版】おすすめはどれ?動画配信サービスをテレビで見る方法まとめ

【最新版】おすすめはどれ?動画配信サービスをテレビで見る方法まとめ

動画を最大限に楽しむ!動画配信サービスはテレビで見る

動画配信サービスは、いつでもどこでも映画・ドラマ・アニメを楽しめるVOD(ビデオ・オン・デマンド)が主流でしたが、最近はリアルタイムに視聴できるリニア配信の利用者も増えてきているんです。

リニア配信には、テレビ放送のように専門チャンネルがあり、地上波では見られないオリジナルの連ドラや尖ったお笑い番組など多彩なチャンネルが楽しめるAbemaTVや、バラエティからニュースまで多様なジャンルが魅力のNTTドコモのdTVチャンネルなどがあります。

いまはVOD+リニアどちらの動画配信サービスも楽しむ視聴スタイルが確立されていて、テレビでもインターネットに接続するだけで簡単に視聴できます。

大好きな映画を大きい画面といい音で思う存分楽しみたい!

地上波では見られない連ドラを家族みんなで楽しみたい!

とくにこんなシーンでは、大画面テレビで見たほうが確実に楽しいはず。

動画配信サービスをスマホやタブレット、パソコンで視聴していて、画面が小さいことに不満を感じる人も多いでしょう。

テレビに接続すれば、画面の大きさや音の迫力といった問題点を解消でき、コンテンツを心おきなく楽しめます。

動画配信サービスをテレビで見る3つのメリット

動画配信サービスをテレビで見る最大のメリットは、画面が大きいことです。

そしてスマホやダブレット、パソコンに比べて、テレビのほうが圧倒的な高音質で楽しむことができます。

  • 画面が大きいので迫力満点!
  • 高音質なので臨場感が高まる!
  • 大勢で見て楽しむことができる!

家族や友人みんなで動画を見ることができるのも高ポイントですね!

当サイトでは、動画配信サービスをテレビで見る方法、そしてそのために必要な機器について紹介します。

【ビックカメラ店員おすすめ】動画配信サービスをテレビで見る4つの方法

ビックカメラ店員Nさんとともに、動画配信サービスをテレビで見るおすすめの方法を紹介します!

テレビで見る設定が面倒と思われるかもしれませんが、そこまで煩雑ではないのでだれにでも簡単にできます。

今回は
スマートテレビ
ストリーミングデバイス
ゲーム機
ブルーレイディスクレコーダー
の4つの方法についてわかりやすく解説します。

動画配信サービスをスマートテレビで見る

スマートテレビとは、インターネット機能が搭載されているテレビのことで、最近では家電量販店に売っているテレビのほとんどがスマートテレビになっています。

そのなかでもキレイな画面で動画を楽しみたいなら、4K対応のスマートテレビがおすすめです。

2018年12月1日に放送開始となった「BS・110度CSによる新4K8K衛生放送」に対応した4K8Kチューナー内蔵のスマートテレビの人気も高いようです。

ちなみに4K8Kチューナー内蔵テレビは、ソニー・東芝・三菱電機の3メーカーのみ発売されています。

4Kってなに?
4Kとは、画素数が横3,840✕縦2,160の画面解像度のことです。

「K」は「キロ」で1,000の単位を示していて、横の画素数が約4,000なので「4K」と呼びます。
これに対して画素数が横1,920✕縦1,080の規格を「フルHD」、最近では「2K」と呼んでいますね。
4Kの解像度はフルHDの4倍、同様に8KはフルHDの16倍になります。

ここまで読んで、難しくて理解する気も失せてしまった方のために・・・

簡単にまとめると4Kテレビだと高精細でとにかくキメが細かい!今まで見えなかったものまでキレイに見えちゃうってことです!

スマートテレビのおすすめ一覧

ビックカメラ店員おすすめ度 ★★★★☆

ビックカメラ店員Nさん
シャープの高機能付き最新モデルが安価なので人気あります。
ただ正面からは画面がキレイに見えるんですが、斜めから見ると鮮明度が落ちるのが気になるところ。

動画配信サービスを楽しみたいなら、個人的には価格帯もわりとリーズナブルなAndroid TV機能搭載でリアリティーある映像が楽しめるソニーがおすすめです!

Android TV機能とは?
リモコンに話しかけるだけでテレビ放送や録画番組、ネット動画のコンテンツを簡単に検索できるAI機能のこと。

1.ソニー
4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」や高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」を搭載した4K液晶テレビ


BRAVIA KJ-49X9000F
最安値121,286円(税込)
(価格.com調べ)

NETFLIX / dTV / hulu / prime video / TSUTAYA TV / GYAO! / DAZN / Abema TV / Rakuten TV / スカパー on demand / U-NEXT / Video Market / FOD / dアニメストア / niconico / YouTube

独自技術の「X-Motion Clarity」により、動きの速い映像をなめらかにするだけでなく、残像感を抑えてくっきりと再現できるから、スポーツやアクションシーンでリアルな映像を楽しめる。

 

 

2.パナソニック
有機ELならではの黒を最大限に楽しめるブラックフィルターを搭載した4K有機ELテレビ


VIERA TH-55FZ950
最安値216,999円(税込)
(価格.com調べ)

NETFLIX / dTV / hulu / prime video / TSUTAYA TV / DAZN / スカパー on demand / U-NEXT / ひかりTV 4K / DMM.com / pass / Rakuten TV / niconico / YouTube

シーンの明るさに応じて動的に補正量を変化させる「ダイナミック 3D-LUT(ルックアップテーブル)」を新たに搭載し、明るいシーンでも色や階調を忠実に再現できるように進化。スマホに「TV Remote2」をインストールすることで、コンテンツを探したり、テレビの操作もできる。

 

 

3.シャープ
新4K衛星放送まで臨場感豊かに表現する新開発エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載した4K液晶テレビ


AQUOS 4T-C50AN1
最安値106,743円(税込)
(価格.com調べ)

NETFLIX / dTV / hulu / prime video / TSUTAYA TV / GYAO! / DAZN / Abema TV / スカパー on demand / U-NEXT / ひかりTV 4K / niconico / YouTube

家族のよく見る番組や利用した時間帯をAIが学習して、おすすめを知らせてくれる「COCORO VISION」や、音声検索や4K動画などの豊富なアプリを追加して楽しめる「Android TV」を搭載して機能面が充実している。

 

 

4.東芝
「新世代4K有機ELパネル」を採用したBS/CS 4Kチューナー内蔵テレビ


REGZA 55X920
最安値247,980円(税込)
(価格.com調べ)

NETFLIX / dTV / TSUTAYA TV/ DAZN / スカパー on demand / U-NEXT / ひかりTV 4K / acTVila / クランクイン!ビデオ / DMM.com / niconico / YouTube

「レグザエンジンEvolution PRO」や「BS/CS 4KビューティX PRO」機能により、ノイズを抑えて高精細な4K画質を実現。地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できる「タイムシフトマシン」や2つの番組を同時に表示する「ダブルウインドウ」機能も使えて、見たい番組を自由に楽しめる。

 

 

スマートテレビのメリット・デメリット

メリット(良い口コミ)
・インターネット環境があればスマートテレビだけで完結できる
・内臓アプリが充実していてさまざまなコンテンツが楽しめる
・リモコンでの入力操作がいらない音声検索機能があってとても便利

 

デメリット(悪い口コミ)
・テレビを買い替えるタイミングじゃないと大きな出費となる
・テレビの起動が遅い
・チューナー内蔵テレビ以外は録画機能がないので外付けハードディスクが必要

ストリーミングデバイスを接続してテレビで見る

インターネット対応していないテレビのHDMI端子にSTB(セットトップボックス)を差し込んでWi-Fiに接続することで、テレビをインターネットにつなげることを可能にしてくれます。

STB(セットトップボックス)とは?
各種から発信された放送信号を、テレビが受信できる信号に変換してテレビモニターに表示する機能をもつ機器の総称。

受信機としての機能だけをもつチューナーとは違います。STBは受信機能も内蔵しており、さらに受信した信号を変換することがおもな役割。

「動画配信サービスを家のテレビで楽しみたいけど、わざわざスマートテレビに買い替えるのはちょっと・・・」という方にはとてもおすすめの方法です。

たくさんあるSTBのなかでも、ビックカメラで人気のFire TV StickシリーズChromecastシリーズApple TVシリーズを中心に紹介します。

STB早見比較表

ビックカメラ店員おすすめ度 ★★★★★

ビックカメラ店員Nさん
ストリーミングデバイスをテレビに接続して視聴している方が圧倒的に多いです。

Fire TV StickとChromecastが人気で、個人的にはAndroid搭載端末の画面をそのままテレビに映し出すことができるChromecastがおすすめです!
画質にそこまでこだわらないのであれば、4K対応Chromecast Ultraの半額近くで購入できるので、コストパフォーマンスも最高です。

Apple TVは値段が高いので、一般受けはしません。すべてApple製品で揃えているようなApple信者の人が買っていきますね。

Fire TV Stick

amazonで見る
Fire TV Stick 4K

amazonで見る
価格 定価4,980円(税込) 定価6,980円(税込)
画質 フルHD対応 4K / HDR対応
おもな対応アプリ prime video / hulu / NETFLIX / niconico / YouTube prime video / hulu / NETFLIX / niconico / YouTube
専用リモコン
おすすめポイント Amazonプライムビデオを手軽に視聴できる 4KウルトラHDに対応した高画質

 

Chromecast

amazonで見る
Chromecast Ultra

amazonで見る
価格 定価4,980円(税込) 定価9,720円(税込)
画質 フルHD対応 4K / HDR対応
おもな対応アプリ hulu / NETFLIX / YouTube hulu / NETFLIX / YouTube
専用リモコン
おすすめポイント 手軽にスマホの画面をテレビにミラーリングできる Chromecast(クロームキャスト)と比べて処理能力が速く4K HDR対応

 

Apple TV

amazonで見る
Apple TV 4K

amazonで見る
価格 32GB
定価17,064円(税込)
32GB
定価21,384円(税込)
64GB
定価23,544円(税込)
画質 フルHD対応 4K / HDR対応
おもな対応アプリ iTunes Video / hulu / NETFLIX / YouTube iTunes Video / hulu / NETFLIX / YouTube
専用リモコン
おすすめポイント iPhone、iTunesとの相性バツグン Dolby Atmosサウンドが加わり、臨場感あふれる視聴体験

Fire TV Stick / Fire TV Stick 4K

Fire TV Stickとは、Amazonから販売されているSTBのことです。

AmazonプライムビデオやPrime MusicはもちろんHulu、Netflix、dTVなどの動画配信サービスが視聴できます。

また4K搭載でさらにパワフルになったFire TV Stick 4Kが2018年12月に新発売されました。

■スペック一覧

Fire TV Stick Fire TV Stick 4K
解像度 最大1080p 4K Ultra HD
ストレージ 8GB 8GB
音声認識リモコン Alexa(アレクサ)対応 Alexa(アレクサ)対応
オーディオ Dolby Audio Dolby Atmos
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac対応 802.11a/b/g/n/ac対応

機能面においての大きな違いは、Fire TV Stickの解像度が最大1080pなのに対し、Fire TV Stick 4Kは4KウルトラHDに対応した高画質になります。

Fire TV Stickでも十分キレイに映像を楽しめると思うので、そこまで解像度にこだわりがない方はFire TV Stickをおすすめします!

また音声認識リモコンがAlexa対応なので、あのCMのように「アレクサ、15分巻き戻して」と言うだけで動画の早戻し、一時停止や最初に戻ることもできちゃいます。

複雑な設定は不要!簡単セットアップ

Fire TV StickまたはFire TV Stick 4Kは、購入時に利用したアカウントが登録された状態で手元に届くので、設定は簡単にできます。

  1. 設置場所にインターネットのWi-Fi環境があるかどうか確認
  2. Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続
  3. 電源アダプタとFire TV StickをUBSケーブルでつなぐ
  4. インターネットに接続すれば完了

最後はテレビの電源を入れ、リモコンの入力切換でFire TV stickを接続したHDMIを選択すれば、起動画面が表示されます。

Chromecast / Chromecast Ultra

Chromecast(クロームキャスト)は、Googleが開発・販売しているSTBです。

AmazonのFire TV Stickは、本体とテレビを接続するだけで動画配信サービスが視聴できますが、ChromecastはAndroidが搭載されているスマホやタブレット、パソコンと連携しなければなりません。

しかしスマホやタブレット、パソコン画面をミラーリング(そのまま映し出すこと)でテレビ画面に表示させることができるので、保存されている写真や動画も見られるなど使い方の幅が広がります。

この使い方こそがChromecastの最大の魅力です!

■スペック一覧

Chromecast Chromecast Ultra
解像度 最大1080p 4K Ultra HD
ストレージ 非公開 非公開
Wi-Fi 802.11 ac対応 802.11 ac対応

現在は、2018年10月に発売された第3世代Chromecastが最新モデルとなっています。

Chromecast Ultraは、Chromecastよりも処理能力が速く、有線LAN対応なのでWi-Fiよりもインターネット通信が安定した映像を楽しむことができます。

4KウルトラHDにも対応しているので、サクサク高画質を楽しみたい方はチェックしてみてください。

またChromecastアプリをインストールすることで、お使いの端末をリモコンとして操作することもできます。

数秒でストリーミングを開始!簡単セットアップ

ChromecastまたはChromecast Ultraは、AmazonのFire TV Stick同様に、HDMI端子に差し込んでWi-Fiに接続するだけで動画配信サービスを楽しめます。

  1. 設置場所にインターネットのWi-Fi環境があるかどうか確認
  2. ChromecastをテレビのHDMI端子に接続
  3. Chromecastの映像が表示されれば完了

Chromecastは電源ボタンがないため、テレビ画面をChromecastに接続したHDMIに切り換えると、セットアップ画面が表示されます。

Apple TV / Apple TV 4K

Apple TVは、文字通りAppleが販売しているSTBです。

Apple TVは32GBのみで17,064円(税込)。
Apple TV 4Kは32GBが21,384円(税込)と64GBが23,544円(税込)で、ストレージ容量で価格が変わってきます。

Fire TV StickやChromecastよりも圧倒的に価格が高いです!

デザインがAppleらしく製品のクオリティが高いので、Apple製品が好きな方にはおすすめです。

■スペック一覧

Apple TV Apple TV 4K
解像度 最大1080p 4K Ultra HD
ストレージ 32GB 32GB、64GB
音声認識リモコン Siri(シリ)対応 Siri(シリ)対応
オーディオ Dolby Digital Plus Dolby Atmos
Wi-Fi 802.11ac対応 802.11ac対応

Apple TVまたはApple TV 4Kだけで使うことができるし、Chromecast同様にミラーリングでテレビ画面に表示させることもできます。

これまでに紹介した3つのストリーミングデバイスをまとめると、デバイス単体で楽しみたいならFire TV Stick、ミラーリングに特化したいならChromecast、値段が高くてもその両方を楽しみたいならApple TVってところでしょうか。

別途HDMIケーブルが必要!そのほか利用するために必要なもの

まずApple TVをテレビに接続するには、HDMIケーブルを別途用意する必要があります。

またAppleのサービスへアクセスしてApple TVを利用することになるので、アカウントを持っていない方はApple IDを作成します。

Apple IDはApple TVから新規作成することはできないため、あらかじめ作成しておきましょう。

Apple IDをお持ちの方は、現在のiTunesを最新版にバージョンアップします。

さて!

あとはHDMIケーブルをテレビのHDMI端子に差し込んで、もう一方をApple TVのHDMI端子に接続するだけです。

これでApple TVを利用する準備が整います。

そのほかのSTB

Air Stick 4K
Air Stick 4Kは、TSUTAYAや蔦屋書店などを企画運営するCCC AIRから販売されているSTBです。

Air Stick(すでに生産終了)が進化して4K対応になり、Android TV機能も搭載して大幅にスペックアップしました。価格は10,584円(税込)。

使い方も簡単。
上記の3つのSTB同様、テレビのHDMI端子に接続してインターネットにつなぐだけです。

Nexus Player
米国Googleと台湾ASUSにより共同開発されたSTB「Nexus Player」は、2016年すでに販売が終了しています。

Android TV機能を搭載した最初のデバイスで、高評価を得ていました。

現在はヤフオクやメルカリなどで安く入手可能です。

ストリーミングデバイスのメリット・デメリット

メリット(良い口コミ)
・スマートテレビやゲーム機を購入するより安い
・接続すればホーム画面なのでアプリの起動が早い

 

デメリット(悪い口コミ)
・たくさんあってどの機種を選べばいいかよくわからない

ゲーム機を使ってテレビで見る

家に手持ちのゲーム機があるなら、それをつないで動画配信サービスを楽しむことができるのでもっとも低コストな方法です。

ただしゲーム機を使ってテレビで見るなら「持っているゲーム機がどの動画配信サービスに対応しているのか?」がとても重要になってきます!

ゲーム機ごとに対応している動画配信サービスをわかりやすく一覧にまとめています。

まったく対応していない動画配信サービスもありますので、ゲーム機を利用したいと考えている方は必見です!

VOD対応のゲーム機一覧

ビックカメラ店員おすすめ度 ★★★☆☆

ビックカメラ店員Nさん
ゲーム機をお持ちで、お金をかけずに動画配信サービスを楽しみたいなら1番お得です!
利用したいと思う動画配信サービスが対応しているか確認しましょう。
ゲーム機名 動画配信サービス名
PS3 prime video / NETFLIX
PS4 hulu / prime video / NETFLIX / DAZN /  Rakuten TV / U-NEXT / DMM.com
PS Vita DMM.com / niconico
PS Vita TV DMM.com / niconico
Wii U hulu / prime video / NETFLIX / niconico
Nintendo Switch niconico

PS3では、2018年12月12日でHuluが動画配信サービスを終了したばかり。
PS VitaとPS Vita TVでは、2018年6月28日ですでにHuluとU-NEXTが動画配信のサービスを終了しています。

とくにPS3とPS Vita、Wii Uは旧世代のゲーム機となっているため、今後は動画配信サービスを停止する可能性が高いと思われます。

反対にNintendo Switchは、You Tubeに続いてニコニコ動画の配信をスタートしたので、もしかしたらこれから増えるかもしれません。

ゲーム機のメリット・デメリット

メリット(良い口コミ)
・すでに持っているゲーム機が使える

 

デメリット(悪い口コミ)
・リモコンの反応が悪い
・アプリの起動に時間がかかる
・PS4以外はゲーム機対応の動画配信サービスが少ない

ブルーレイディスクレコーダーを使ってテレビで見る

ブルーレイディスクレコーダーもメーカーによって利用できる動画配信サービスが異なります。

ここではビックカメラ店員も納得の1番人気!パナソニックのブルーレイディスクレコーダー「DIGA(ディーガ)」を紹介します。

パナソニックのブルーレイディスクレコーダー「DIGA(ディーガ)」がおすすめ!

ビックカメラ店員おすすめ度 ★★☆☆☆

ビックカメラ店員Nさん
チューナー内蔵のテレビ以外は録画機能がありません。
映像を録ったり残したりしたい場合は、外付けチューナーが必要になります。
また4K対応チューナーを設置することで「新4K8K衛生放送」も視聴できます。

そこで断トツおすすめなのが、パナソニックのブルーレイディスクレコーダー最新モデルです!

パナソニック
DMR-SUZ2060 NEW
価格 最安値103,499円(税込)
(価格.com調べ)
amazonで見る
おすすめ機能 業界初!新4K衛星放送に対応したブルーレイディスクレコーダー。さらに動画配信サービスも4K / HDRで対応している。
スマホアプリ「どこでもディーガ」で録画番組、音楽、動画や写真が外でいつでも楽しめる。
おもな対応アプリ hulu / prime video / NETFLIX / DAZN / TSUTAYA TV / dTV / acTVila

ブルーレイディスクプレイヤーのメリット・デメリット

メリット(良い口コミ)
・高画質・高音質で楽しめる
・操作性が高く、リモコン操作でもたつくことがない
・スマホアプリで外でいつでも視聴可能

 

デメリット(悪い口コミ)
・テレビと同じくらい高額
・別に設置スペースが必要

 

ここまで動画配信サービスをテレビで見る方法について紹介しました。

それぞれ特徴があり、メリット・デメリットもあるので、自分に合った方法を選んでいただき、テレビならではの動画ライフをぜひ楽しんでくださいね!

テレビで動画配信サービスを楽しむならこのジャンル!~映画通スタッフおすすめ~

動画配信サービスには、いろいろなタイプの映画やドラマが盛りだくさんあります。

そのなかでも、テレビで動画配信サービスを楽しみたいという方に「このジャンルこそ!テレビで見てほしい!!」という映画通スタッフのイチオシをジャンル別に紹介します。

洋画ジャンル

家の大画面テレビで、休日にじっくり映画を堪能したい!

そんなあなたに映画通のスタッフがおすすめするのは、王道の名作映画を豊富に取り揃えたHuluの動画配信サービスです。

ゼッタイ観てほしいと思う作品は?


(引用元:Yahho!映画)
「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」
2013年公開
イギリス 124分

スタッフS
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・ カーティス監督が贈る愛と人生のガイドブック。
もう、めちゃめちゃ幸せな気分になれる映画です!!
映画のおすすめ活用法アリ!
洋画をあえて英語字幕で見ると、英語の学習になります。
家で流し聞いているだけでも、耳が英語に慣れてきます。
ネイティブな言い回しもわかるので、興味がある方はチャレンジしてみてください。

作品数は50,000本以上!アクションやSF、切ない恋愛映画まであらゆる種類の洋画が充実している動画配信サービスはHulu

キッズジャンル

スマホやダブレットだと子供が画面に顔を近づけて見てしまうから、自宅できちんと距離をとってテレビで見させたい!

そんなママスタッフがおすすめするのは、Amazonプライムビデオの動画配信サービスです。

利用している方も多いAmazonプライムビデオは、月額400円でプライム会員になると会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Prime Original作品が見放題となります。

Amazonプライム会員になれば、追加料金なしでPrime Musicやお急ぎ便まで使えるから親にとっても便利なサービスと言えます。

お子さまがハマった作品は?


(引用元:日テレ公式サイト)

スタッフY
「それいけ!アンパンマン」です!子供ならば1度は必ず通る道ではないでしょうか!?
NHK Eテレの教育番組「いないいないばあっ!」「おかあさんといっしょ」もかならず見ていますね。
でも最近は保育園でも小学校でもYou Tubeの話題が多いみたいで、とにかくパソコンでYou Tubeばかり見ているんです!
パソコンを長時間見続けると目が悪くなるので、ストリーミング端末を使ってきちんと距離をとってテレビで見させるようにしています。

 


(引用元:タワーレコード オンライン)

スタッフA
ディズニー映画の「アナと雪の女王」ですね!
ほかには映画はジブリ作品やピクサー作品、アニメは女の子なので「プリキュア」「アイカツ」「プリパラ」が好きでよく見ています。
誤って課金しないように見放題の子供向けメニューが充実している動画配信サービスを利用しています。
ナショナルジオグラフィックチャンネルでやっているような生き物や自然の番組、スポーツの試合もこれから見せてあげたいな~と思います。

キッズ向けアニメに強い動画配信サービスはAmazonプライムビデオ

ホラージャンル

部屋を真っ暗にして恐怖体験を味わいたい!

血みどろスプラッターから狂人が出てくるサイコまでホラー映画を味わい尽くしたいあなたには、TSUTAYA TVの動画配信サービスがおすすめです。

1番怖いと思うホラー作品は?


(引用元:amazon music)
「IT/イット”それ”が見えたら、終わり。」
2017年公開
アメリカ 135分

スタッフF
殺人ピエロの恐怖を描いたリメイク版です!
公開してから6億8,800万ドル以上の世界興行収入を記録したホラー映画史上最もヒットした作品。
あのスティーブン・キングのホラー小説を映像化したもので、大人でもビビりまくりです!
2019年9月に続編「IT/イット2」が決定しているので、その前にぜひ見てみてくださいね。

吊り橋効果⁉︎で家デートにもピッタリなホラー映画を見るならTSUTAYA TV

番外編

番外編で紹介するのは、リアルタイムで無料配信しているAbemaTVの動画配信サービスです。

AbemaTVのアプリをダウンロードするだけで、オリジナルの連ドラから地上波ではぜったい放送できないバラエティやお笑い番組まで見放題です。

公式Twitterでその日のおすすめ番組をピックアップしているのでチェックしてみてもいいかも。

ガチで面白い!と思う番組は?


(引用元:AbemaTV)
「日村がゆく」
毎週水曜日21時~22時
「abemaSPECIAL」チャンネル

スタッフT
お笑い好きにはたまらないです!
バナナマンの日村がただただ体を張る番組なんですが、なぜか笑えるんですよ。
昨年Twitterでも話題になった亀田大毅、朝青龍を素人が倒したら1,000万円企画や、元スマップ3人が集結した72時間ホンネテレビなど特番もとても面白いので、AbemaTVはこれからも注目していきたいです!

ほぼ毎日動画配信サービスを利用しているスタッフが、テレビで見るならまずはコレ!というおすすめのジャンルをピックアップしましたが、気になる作品はありましたか?

なにを見ようか迷っている方は、これからの作品選びの参考にしてくださいね。

そして、これを機に家でのエンタメ世界を広げてみてください。

まとめ:動画配信サービスをテレビで見る方法

動画配信サービスを「大画面」「高音質」で楽しめるのがテレビで見るメリットです。

さらに家族や友人など大勢で動画を見ることができるのもおすすめのポイントです。

スマホやタブレット、パソコンのコンパクトな画面も便利ですが、テレビという大きな画面だからこその楽しみ方をぜひ見つけてみてください!

動画配信サービスを視聴できるおもなデバイス

動画配信サービスはインターネットを介したサービスなので、スマホやタブレット、パソコンで視聴するのが基本です。

たとえば仕事帰りの電車の中でスマホで動画を視聴し、自宅に着いてからはタブレットやテレビで動画の続きを見る。

そんな風に利用するシーンやライフスタイルに合わせてデバイスを選べば、いつでも動画配信サービスを楽しめます。

▼動画配信サービスを視聴できるデバイスについてはこちらを参考にしてください。