【2019年版】Netflix映画オススメの洋画・邦画人気作品を大紹介!

【2019年版】Netflix映画オススメの洋画・邦画人気作品を大紹介!

Netflixは映画好きも満足できるサービス

Netflix(ネットフリックス)では、コメディ・サスペンス・ホラー・キッズ・ファミリーなど豊富なジャンルの映画がラインナップされています。

Netflixを利用するなら、事前に配信されている映画作品を知っておきたいですよね?

しかし残念なことにNetflixは会員登録してからでないと全映画のラインナップを確認することができません。
(Netflixオリジナル作品なら公式サイトで確認することができます)

そこで今回は、Netflixを登録する前に配信されているオススメ映画を「洋画」「邦画」「Netflixオリジナル作品」の3つのジャンルに分けて独自の目線で紹介していきます!

映画ならNetflix!無料でお試し!

Netflixのおすすめ洋画10選!

1. ラ・ラ・ランド LA LA LAND

何度オーディションも受けても、落ちてばかり女優志望のミアとジャズピアニスト志望のセバスチャンが「恋」と「夢」に人生をかけるラブコメディ・ミュージカル映画。

ミアとセバスチャンの出会いは、パーティーでミアが声をかけることからスタート。
仲良くなった二人はお互いの夢を話し意気投合!一緒に暮らし始めますが、お互い夢をかなえるために忙しくなり関係が悪化。

そんな中、ミアは長期撮影のためパリへ…仲直りしてから旅立つものの二人の関係と夢は叶うのか?話題になった「あの結末」にも注目です。

画像引用元:Amazon

ジャンル ラブコメディ/ミュージカル
年/国 2016年/アメリカ
監督 デイミアン・チャゼル
出演者 ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン

■みんなの感想

■私の感想
もう少し若い頃に見ていたら、人生を歩む参考にしたかもしれません。
でも夢と恋愛を同時進行し、悩みながらも歩む若者を羨ましいと思ったり、懐かしむこともできました。
夢をとっても、恋愛もとっていれば幸せな家庭が待っていたかもしれない…と思う日が誰だってありますよね。再度それを確認しました。
幸せと後悔は背中合わせ。子供たちが大きくなったら、ぜひ見せたい映画です。

2.コラテラル

リムジンの会社を作るのに資金集めをしているタクシードライバーのマックスは、ロサンゼルスの道を知り尽くしている。

そんなマックスが、運命的にタクシーに乗せたお客の一人が殺し屋のヴィンセント。

殺し屋とも知らずにタクシーに乗せてしまったマックスは、ヴィンセントにドライブテクニックを買われ一晩貸切にしたところ、次々と殺人の手伝いをさせらていく…

タクシードライバーのマックスの運命はどのように変わっていくのか?注目の映画!

画像引用元:Amazon

ジャンル ヒューマンドラマ/サスペンス
年/国 2004年/アメリカ
監督 マイケル・マン
出演者 トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス

■みんなの感想

■私の感想
トム・クルーズが悪役ってだけで、とりあえず興味津々でした。
正直ストーリーはありがちかな?と思ってしまったのですが、トム・クルーズのイケメンぶりに目が離せませんでしたw
タクシー運転手との不思議な関係に笑ってしまったり、ハラハラ・ドキドキ…リズム感があって、見てて飽きずに楽しむことができると思います。

3.新感染 ファイナルエクスプレス

仕事人間のソグは家庭をほったらかしにして、妻と別居し、母と娘のスアンと暮らしている。スアンの誕生日のため、元妻のいる釜山に送り届けるために乗った新幹線で事件は起きた。

人がゾンビ化してしまうウイルスが車内に蔓延。感染者は人を見ると反射的に襲い掛かり、ウイルスに感染させてしまう恐ろしい相手。

新幹線という密室の中で、父と娘は無事に釜山までたどり着けるのか。得体の知れないゾンビに囲まれた中で、人の心情や家族としての愛情等を見ることができる新しいパニック映画です。

画像引用元:Amazon

ジャンル パニック/ミステリー/ゾンビ
年/国 2016年/韓国
監督 ヨン・サンホ
出演者 コン・ユ/チョン・ユミ/マ・ドンソク/キム・スアン

■みんなの感想

■私の感想
「感染」と「ゾンビ」は嫌な方向性にしか考えられない映画で、あらすじを読んだときに気持ち悪そうだから見たくない…で脳内は満たされましたw
実際に見ると、お粗末な父親と母親を思う子供の家族愛と、人間同士の醜い心の内が鮮明に描かれいて考えさせられることが多かったです。
ゾンビ系のエグい感じが苦手でも比較的見やすいかな?とは思いますが、夢に出てきそうな気もします…

4.イップ・マン 序章

実在した武術家イップ・マンのアクション映画。

イップ・マンは強い武術家だが、弟子も取らず誰にも武術を教えることをしない裕福な家庭で優しく家族を大切にする男。

1937年の日中戦争にて、日本軍にイップ・マンの家は日本軍の司令部として没収され貧しい生活をしていく中、日本軍との武術勝負で命を落としてしまう同士を見て、日本兵に怒りを覚え戦いを決意することに…

日本兵を相手にイップ・マンはどのように戦うのか、アクションと歴史に注目の作品です。

画像引用元:JVTA日本映像翻訳アカデミー

ジャンル アクション/カンフー
年/国 2008年/中国・香港合作映画
監督 ウィルソン・イップ
出演者 ドニー・イェン/サイモン・ヤム/池内博之/リン・ホン

■みんなの感想

■私の感想
この手の映画を見ると、筋トレを無性にしたくなるのは私だけでしょうかww素晴らしいアクションに口をあけて見入ってしまいました。
日本人の私としては日本軍の「悪」の部分が鮮明に描かれ、事実を受け入れるのに時間がかかりましたが、日本がしてしまった悪いことも子供たちに伝えなければならない使命感に駆られました。
かっこいいアクション映画だけではない、歴史背景もしっかりと知ることができる映画だと思います。

5.最強のふたり

様々な対比のある二人が主人公。

フィリップは不慮の事故により、車椅子生活を余儀なくされ、その介護人として雇われたのがドリス。

彼らは性格も環境も正反対。

大富豪の白人中年のフィリップに対し、貧しい家の黒人青年のドリス。障がい者で堅物のフィリップと健常者で根明のドリス。

フランスのパリを舞台に、正反対の二人が描く友情をメインにしたコメディ映画です。

画像引用元:Amazon

ジャンル コメディ
年/国 2012年/フランス
監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演者 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/オドレイ・フルーロ

■みんなの感想

■私の感想
笑って泣いて!彼らのように話ができる友達ってなかなかいないと思います。
「介護」には様々な形があって、人それぞれだと私は考えます。ただひたすらに身の回りの世話だけをするのが介護ではなくて、気持ちに寄り添うことが自然にされていることに感動!!白衣がいらない介護って本当にあるんだな…と実感!
介護は本当に大変なことなのだけど、彼らのように過ごすことができたらきっと充実した日々が送れると自信をもらいました。

6.レオン/完全版

プロの殺し屋レオンと孤独な少女マチルダの愛の行先とアクションがみどころの作品。

マチルダの父親は麻薬密売組織と関わりがあり、父親の麻薬横領が発覚。父親と一緒にマチルダが唯一心を許していた弟も組織に殺されてしまう。

マチルダは近所に住んでいたレオンに助けを求め、レオンがプロの殺し屋だと知り、殺された弟の復讐を遂げるために殺しの技を教えてもらうようレオンにお願いするも、レオンは良い返事をしない。

良い返事をしないレオン。でも、なぜかマチルダを無視できず…
殺し屋と少女の結末は映画好きなら誰もが知っている名作です。

画像引用元:Amazon

ジャンル アクション
年/国 1994年/アメリカ・フランス
監督 リュック・ベッソン
出演者 ジャン・レノ/ナタリー・ポートマン/ゲイリー・オールドマン

■みんなの感想

■私の感想
数十年ぶりで何回目なのかもわからないけど、見てしまったレオン。
年齢を重ねると、また違った感想を持つことができて不思議な感覚になります。大人になると殺し屋でも「できないこと」ってあるんですよね、きっと。
人って一生感情を殺すことってできないと思わせられました。次は子供が大きくなったら一緒に見ようと思っています。

7.はじまりのうた

恋人に裏切られたシンガーソングライターのグレタと、家族・会社にも捨てられた音楽プロデューサーのダンがニューヨークでアルバムを作る夢あふれる作品。

出会いはニューヨークのバーでグレタの歌にダンが一目惚れし、アルバムを作ろうとグレタに声をかける。

アルバム作成に資金のない二人は、ニューヨークのあちこちをスタジオとし野外で録音を開始。曲を録音するたびに二人の距離は縮まり信頼が深まります。

お互いの為に一生懸命作ったアルバムは売れるのか…素敵な音楽とともに楽しめる映画です。

画像引用元:Amazon

ジャンル 音楽ドラマ/ヒューマンドラマ
年/国 2013年/アメリカ
監督 ジョン・カーニー
出演者 キーラ・ナイトレイ/マーク・ラファロ/ヘイリー・スタインフェルド

■みんなの感想

■私の感想
主人公は若い女の子だから、子育て世代の私には感情を入れられない映画だと思っていたのに、なんだか「がんばろう」っていう気持ちをもらいました。
仕事に子育て・家事・介護…たくさんのことに疲れているときに、背中を押してくれる強さのある映画だと思います。ちょっと元気のないときにおすすめです!

8.プライベート・ライアン

戦争映画の代表的な作品といえるプライベート・ライアン。

主人公はミラー大尉。
第二次世界大戦の最中、ライアン二等兵の保護、帰還の任務を7人の部下と向かう。

敵からの攻撃、助けを求める親子の救出、ライアンの捜索の任務を遂行していく中で、部下が戦死していく姿を受け入れ自身を奮い立たせる。

ミラー大尉は無事にライアン二等兵を保護できるのか。
「戦争」という壮大なテーマのなかで、様々な視点から楽しむことのできる作品です。

画像引用元:Amazon

ジャンル 戦争
年/国 1998年/アメリカ
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演者 トム・ハンクス/エドワード・バーンズ/マット・デイモン

■みんなの感想

■私の感想
戦争映画の中でもメッセージ性が強い映画だと思います。
冒頭から激しいシーンが多くて万人向けの映画ではないと感じますが、いつか子供にも見せたいと感じています。
私自身も戦争を知らない身ですから、この映画のように次の世代に戦争がどのようなものかを教え繋いでくれるリアリティある作品は貴重ですね。

9.ラブアゲイン

仕事も家族も何も問題なく過ごせていると思っている中年男性キャルは、突然妻のエミリーが不倫をしたと告白され離婚することに…。

別居を余儀なくされ、一人暮らしのアパートから近いバーに入り浸る日々。
そこで知り合ったプレイボーイのジェイコブに同情され、恋愛指南を受けることになり、ナンパのコツや服装を学び「モテ男」に大変身。

キャルとジェイコブをはじめとし、キャルの娘・息子、元ベビーシッター、元妻、妻の不倫相手…大人のカップルが見せる大人の恋愛事情を笑いながら見ることができる作品です。

画像引用元:Amazon

ジャンル ロマンティックコメディ
年/国 2011年/アメリカ
監督 グレン・フィカーラ/ジョン・レクア
出演者 スティーヴ・カレル/ライアン・ゴズリング/ジュリアン・ムーア

■みんなの感想

■私の感想
純粋に笑えた!!
世代ごとに感想がきっと違うのだろうけど、今の私にはピッタリでした。
女優陣がとっても綺麗&キュートだったし、ストーリーも最高です。ベタベタの恋愛モノとは違ってコメディ要素が強いのですが、共感できる部分もありました。もう一回見たいと思います!

10.オーシャンズ11

仮釈放されたオーシャンは大泥棒にして詐欺師。
シャバに戻るものの、反省の色はなくラスベガスの3大カジノの金庫を狙うべく、その道のプロ10人を呼び集めます。

爆破のプロに変装、車、スリ師、天才詐欺師…様々なその道のプロが、カジノのセキュリティをくぐり抜け、大金を盗む絶妙なやりとりとアクションは目が離せません。

オーシャンズシリーズの第一作!一度見たらハマってしまうこと間違いなしです。

画像引用元:Amazon

ジャンル サスペンスアクション
年/国 2001年/アメリカ
監督 スティーブン・ソダーバーグ
出演者 ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/マット・デイモン

■みんなの感想

■私の感想
テンポよく進むストーリーに目が離せなくなりますw
ところどころに入るコメディ要素が、緊張感をほぐして楽しませてくれるのも魅力的!何度も見返したくなるし、シリーズを全部一気に見たくなるので、時間がたっぷりあるときにゆっくり見るのがオススメです。

Netflixのおすすめ邦画10選!

1.ピンポン

テンポよく、歯切れのいい卓球をテーマにした青春映画。

主人公はペコ。
ペコは卓球に絶対的な自信を持ち、そんなペコに陰ながら憧れ、卓球を続けている幼馴染のスマイルとアクマ。

高校への進学をきっかけにアクマだけが別高校に。
高校でも卓球を続けていた3人はインターハイで顔を合わせる。

幼い頃から一緒に卓球を続けてきた仲間との戦いの結末はいかに?
卓球を通して友情や挫折、努力…様々な経験を経て成長していくペコと仲間たち。それを取り囲む個性あふれる大人にも注目です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2002年/青春ドラマ
監督 湯浅政明
出演者 窪塚洋介/中村獅童/竹中直人

■みんなの感想

■私の感想
橋から飛び降りるシーンや突拍子もないセリフの全てが斬新に感じて、映画の中に入り込んでしまうような感覚が不思議でした。
単純な青春映画やスポーツをテーマにした映画とは「何かが違う!」内容と、頭の中で何度も繰り返される挿入歌がクセになりそうです!

2.悪人

主人公の祐一は出会系サイトで知り合った女性保険外交員を様々な理由から殺害してしまいます。

祐一は殺害後、また出会系サイトで知り合って関係を持ったのが光代。

光代に人殺しをしてしまったことを打ち明けた祐一は、自首するために光代と交番に向かいますが、光代が一緒に逃げようと自首を止めてしまいます。

二人が逃避行している間に、殺された女性の遺族の心情や祐一を育てた祖母の行動、光代の妹、警察…一人の人間が殺害された時の感情を様々な立場から見ることができる考えさせられる映画です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2010年/犯罪ドラマ
監督 李 相日
出演者 妻夫木聡/深津絵里/岡田将生/樹木希林

■みんなの感想

■私の感想
一言では言い表せない印象深い映画で、見終わった時に大きなため息がでました。
「本当の悪人」は誰なのか…登場人物ごとに様々な心情を考えると、あの時のあの人のセリフは…?と何度も見返したくなります。
そして見返すたびに感想も変わってくるかもしれません。深いメッセージ性のある映画でした。

3.バトル・ロワイアル

修学旅行のバスで生徒たちは政府に拉致され、目覚めたときに大人から言われたのが「今から”ちょっと”殺し合いをしてもらいます」と、衝撃的な事実を告げられる中学生たち。

クラスメイトが最後の1人になるまで殺し合い、その1人だけが助かる仕組み。
逃げることも許されない極限状態の中、生徒たちは様々な道を選びます。最後に生き残るのは誰か…

結末まで目を離せない作品です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2000年/バイオレンス
監督 深作欣二
出演者 藤原竜也/前田亜季/山本太郎/栗山千明

■みんなの感想

■私の感想
学生の頃に何度か見た映画を数十年ぶりに見てみました。
相変わらずグロテスクな映画ですが、子供が生まれてから見るとまた違った感覚で、私の子供だったらどうするのかな…。
映画の中の子供たちは置かれた状況のなかで、人をどんどん殺していく子もいれば、自殺をする子もいます。こんな極限の中では、何が正しいのか答えなんてない。
様々なことを考えさせられる映画です。

4.仁義なき戦い

終戦直後の広島に結成されたやくざ組織の抗争をモデルにした、日本のやくざ映画の代表作ともいえるシリーズ5作。

テーマソングになっている曲は誰もが聞いたことのあるほど有名。

暗殺・裏切り・内部抗争・組同士の大戦争など5作品にわたってストーリーが続き、どれも先が気になってしまいます。

1973年に公開されてから、現在まで多くの人に愛されてきた日本ならではの映画は一度は見ておくべきかもしれません。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 1973//ヤクザ・任侠
監督 深作欣二
出演者 菅原文太/松方弘樹/梅宮辰夫/田中邦衛

■みんなの感想

■私の感想
一度は見ておきたい邦画。古臭い感じがまたグッときます。
見始めは広島の言葉が慣れなかったものの、映画に入り込んでしまえば自然に感じるのだから不思議です。
シリーズ全作を見たくなるほどハマってしまうので、覚悟を決めて見ないといけませんねw

5.SHINOBI

甲賀と伊賀は忍びの里の2大勢力。
それぞれの跡取りである朧と弦之介は恋仲で、一緒に暮らそうと約束もしていた。

そんな中、徳川家康からの命令により、後継者を決めるために甲賀と伊賀が戦うことに。

敵同士になってしまった朧と弦之介の恋の行方と同時に、すばらしいアクションにも注目したい作品です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2012年/アクション・エンタテインメント
監督 下山天
出演者 仲間由紀恵/オダギリジョー/沢尻エリカ

■みんなの感想

■私の感想
好き嫌いが分かれる映画かな…と思います。
大自然を写したシーンはとても綺麗で大きなスクリーンで見たかった…と後悔してしまうほどでした。
ただ戦いのシーンは、戦隊モノや仮面ライダーの方が見ごたえがあるような気がしてしまったのは私だけかなw
切ないラブストーリーと、忍ならではの戦い方は独特で素敵でした^^

6.チーム・バチスタの栄光

天才外科医の桐生を中心に結成されている「チームバチスタ」
手術の成功率は100%でしたが、手術の最中に患者が死んでしまうことが立て続けに起こります。

「ミス」なのか「殺人」なのか…。
その真実を調査するために院長が任命したのが心療内科医の田口公子。

調査を進めていく中で厚生労働省の白鳥と出会い、協力して調査することに!

命を預かる医療現場で起こる「ミス」と「殺人」の判断はどちらに傾くのか。見所の多い作品です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2011年/医療ドラマ
監督 中村義洋
出演者 竹内結子/阿部寛/吉川晃司

■みんなの感想

■私の感想
医療系の映画やドラマって難しい言葉が並んだり、お涙頂戴系が多いので毛嫌いしていたのですが、チーム・バチスタはテンポよく医療だけではなく犯人探しをする話だったので、刑事モノを見ているようなドキドキ感覚で楽しむことができました。

7.うさぎドロップ

30歳の独人男性「大吉」と6歳の女の子「りん」の心温まる家族のストーリー。

りんは大吉の祖父の隠し子。
祖父の葬式の時に、初めてその存在を知る。親戚の誰もがりんの引き取りを快く思わず、大吉が引き取ることに。

様々な問題を乗り越え、絆を深めていく二人の姿を心穏やかに見られる作品です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2011年/家族ドラマ
監督 SABU
出演者 松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜

■みんなの感想

■私の感想
人がどんな風に成長していくのか、とてもわかりやすく描かれた映画だと思います。
「家族」「育児」「仕事」「親戚」様々なキーワードをテーマに進められていく話は、綺麗事ではなく人のドロっとした部分も垣間見えて、そうだよね…と思わず納得してしまう部分も多くありました。ほっこりしたい時におすすめです。

8.呪怨

介護ボランティアの理佳は、寝たきりの幸枝の様子を見るために幸枝の自宅を訪れます。
家の中は悪臭が漂い、異様な雰囲気に困惑するも1階の薄暗い部屋で幸枝を発見。

家の中が荒れ放題だったので幸枝の介護をしながら掃除をしていると、2階の押し入れにはガムテープが貼られ、その中からは傷だらけの子供とネコが閉じ込められいて…。

次々と起こる不可解な現象に恐怖を感じながらも、真実を知りたいがために見てしまう葛藤がこの映画の人気とも言えます。

日本ホラー映画の代表作の1つとも言える呪怨、見ごたえたっぷりの作品です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2003年/ホラー
監督 清水崇
出演者 奥菜恵/伊東美咲/上原美佐

■みんなの感想

■私の感想
ゾクゾクする感じがいつまでも残って、ひぇ~~~っと声を上げながら結局すべて見てしまいました。本当は怖くて途中でやめたかったのですが…先が気になってしまってww
日本独特のホラー映画で、大きな音でビックリさせるようなシーンが少なく、ゾワゾワ~とする感じがよかったです。

9.日本のいちばん長い日

戦争映画の中でも珍しい内閣や政府などの動きを表した映画で、今まで知ることのなかった戦時中の出来事を知ることができます。

昭和天皇の決断に答えようとする内閣と、敗戦を認めたくない陸軍による反発。

内閣総理大臣の鈴木と天皇、陸軍大佐の阿南…それぞれの立場や戦争への思いがぶつかり合い、クーデターを巻き起こします。

「太平洋戦争の終戦」に関わった男たちの生き様、日本としての終戦の迎え方、奥が深い戦争映画です。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 2015年/戦争
監督 岡本喜八
出演者 役所広司/本木雅弘/松坂桃李

■みんなの感想

■私の感想
「終戦の日」という言葉や日付だけを子供たちに伝えていっても意味がなくて、こういった経緯があって日本は終戦の日を迎えたことを伝えていきたいと思いました。
今まで私はどうして終戦を迎えたのか、深く考えたことがなかったことをとても恥ずかしいと感じ、勉強をさせられた映画でした。

10.犬神家の一族

舞台は昭和22年9月「犬神製薬」の創始者である犬神佐兵衛の死後7ヶ月目から始まります。

探偵の金田一耕助は依頼人の若林の毒殺事件に遭遇し、この事件から犬神家の相続に関する情報をつかみます。

犬神家では9人の兄弟と佐兵衛の恩人の孫娘が揃った時点で遺言書は発表されるものの、犬神家の一族はその遺言内容に激怒。

遺産を巡って骨肉の争いが始まり、連続殺人へ発展します。探偵・金田一耕助はどのように事件を解決していくのか。

愛と憎しみが交差するストーリー展開に目が離せません。

画像引用元:Amazon

年/ジャンル 1976年/スリリング
監督 市川崑
出演者 石坂浩二/高峰三枝子/三条美紀

■みんなの感想

■私の感想
「犬神家の一族」一番最初のバージョンで、古い映画なので見にくいかな?と思ったのですが、意外とすっとストーリーも入ってきて楽しむことができました。
他の年代の犬神家の一族も見てみたいです^^

Netflixオリジナル作品3選!

1.TAU タウ

クラブでスリを繰り返して生活をしてきたジュリア。
その日も普段通り”仕事”をして自宅に帰ったところを何者かに拉致されます。

目が覚めると体内にはインプラントが埋め込まれ、電流の流れた鉄格子に囲まれた監房の中。しかもそれは人口知能である「TAU」が管理し、逃げられないようになっていることに気がつきます。

命の危険を感じ脱走するジュリアとTAUを管理するアレックス、人工知能のTAU。人口知能をテーマにした個性あふれる作品です。

画像引用元:フィルマークス

ジャンル スリリング/SFファンタジー/SFサイバーパンク
年/国 2018年/アメリカ
監督 フェデリコ・ダレッサンドロ
出演者 マイカー・モンロー/エド・スクライン/ゲイリー・オールドマン

■みんなの感想

■私の感想
スマートフォンも一人前に扱えない私にとって、AIとか最新のテクノロジーって未知のものでとても怖い感じがしました。
お化けが出てくるようなホラーとはまた違う「怖さ」や「恐ろしさ」がクセになりそうです。

2.モーグリ ジャングルの伝説

モーグリはオオカミに育てられた少年で、自分のことをオオカミと信じてジャングルで育った。

ここには人間がジャングルを荒らさないように、人間とは関わらない掟があった。
掟は長い間守られてきたが少しずつ掟は破られ、人間がジャングルに踏み入れるようになる。

またモーグリも人間の存在を知ってジャングルを捨て人間の村に入るが、人間がジャングルの仲間たちを剥製にしていることが分かってジャングルへ戻る。

人間とジャングルの戦い、モーグリをよく思わないジャングルの一部のオオカミ達との争い。

様々な敵がモーグリを成長させ、仲間たちがモーグリを支える。
人と自然、動物とテーマしたスケールの大きな作品になっている。

画像引用元:THE RIVER

ジャンル キッズ/ファミリー/アクション/アドベンチャー
年/国 2018年/イギリス
監督 アンディ・サーキス
出演者 クリスチャン・ベイル/ケイト・ブランシェット/ベネディクト・カンバーバッチ

■みんなの感想

■私の感想
なんの疑いもなく家族で見ることができる映画で、子供たちも夢中になって最後まで見ていました。子供たちは「動物と本当にお話ができたらいいな♪」「皆が仲良く暮らせたらいいのにね!」と感想を言っていました。動物の動きや目つきなどもリアルで、大人も夢中になって見ることができました。

3.DEATH NOTE デスノート

高校生のライトは、死神が落としたノートを偶然拾う。拾ったノートはデスノート。

デスノートに名前を書くと相手が死ぬことを知ったライトは、学校のいじめっ子の名前をノートに書いて死亡させる。

学校のいじめっ子からスタートしたライトの制裁は、拍車をかけ犯罪者を次々とデスノートで死亡させていく…やがてライトは、キラという名前で有名になっていきます。

そこに謎の探偵「L」が現れ、ライトの運命は変わっていく。

アメリカ版「デスノート」漫画や日本版映画を見た方でも、新たなストーリーに目が離せなくなります!

画像引用元:ねとらぼ

ジャンル サスペンス/超常現象サスペンス/ホラー
年/国 2018年/アメリカ
監督 アダム・ウィンガード
出演者 ウィレム・デフォー/ナット・ウルフ/キース・スタンフィールド

■みんなの感想

■私の感想
デスノートは日本版を何回か見ていて、ハリウッド版もかなり楽しみにしながら見ました。ハリウッドらしい仕上がりに、おぉ…!!と感心してしまうほど!原作を大切にしながら制作されているのがよくわかります。日本版とは違ったストーリーをぜひ堪能してください。

まとめ

Netflixでは多くの映画が配信されています。

洋画や邦画ジャンルを問わず充実しており、「自分好みの映画が必ずある!」と言っても過言ではないと思います。

ここではNetflixの人気作品と、当サイトがオススメしたい映画の中から厳選した作品の一部を紹介しています。

しかしまだまだNetflixでは魅力的な映画作品が多く配信されています!

Netflixは会員登録をしないと全映画のラインナップを確認することができませんが、1ヶ月間の無料体験があるのでまずは無料でお試ししてみてはいかがでしょうか?