【必見】dTV利用者のリアルな口コミ・評判を調べてみた!|コスパ最高!

【必見】dTV利用者のリアルな口コミ・評判を調べてみた!|コスパ最高!

「dTVに登録しようか悩んでいるんだけど、実際のところ評判はどうなんだろう…」
「実際にdTVを契約して、利用している人のリアルな口コミが知りたいな。」

この記事をご覧になっているあなたは、こんな疑問をお持ちだと思います。

実際にdTVを利用している方の口コミを見てみても、

「この値段でこんなに映画を楽しめるなんてすごい!」
「もっと前から知っておけば、通勤時間が楽しくなったのに!」

のような、良い口コミもあれば、

「確かに安いけど、見たい作品はあんまりなかった…」
「テレビでdTVを見てみたけど、画質がちょっとイマイチ…」

なんて声もチラホラ…。

そこで、このページではdTVを契約するか悩んでいる方に対して、「dTVを利用している方のリアルな口コミ」から、「私自身が使ってみた感想」、そして「どんな方にdTVがオススメなのか」までを、分かりやすくご紹介していきます。

この記事を読むことで、
「やっぱ私はdTVを試してみようかな。」

あるいは

「やっぱり私は他の動画配信サービスが合っているみたい」

こんな感じでdTVについて知っていただけると嬉しいです。

それではまいります。

dTVの特徴は?メリット・デメリットを徹底解説

まずは最初に、dTVの基本情報について見ていきましょう!

作品数 12万作品
月額料金 月額500円
無料お試し期間 31日間

 

dTVはエイベックスとドコモが一緒に運営を行っている、動画配信サービスです。
もともと、エイベックスが運営していた「BeeTV」というサービスが母体となって、スマートフォン向けに新しく開始されたのが、現在のdTVになります。

ドコモが運営を行っていますが、ドコモユーザーの方しか入れないということはなく、誰でも加入することができます。

現在の総会員数は、なんと、500万人以上!

動画配信サービスの中で国内トップシェアを誇っているんです。

つまり、日本でいちばん人気のある動画配信サービスということになりますが、この人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。
次は、この人気の秘訣について一緒に見ていきましょう。

口コミだけじゃなくdTVの事を一気に知りたい方はこちら!

dTVを利用するメリット!Huluと比較してみた

これからdTVのメリットについて触れていきますが、実際のところ、他の動画配信サービスとも比較してみないと、「良さ」がわからないですよね。
そこで、ここではdTVのメリットを当サイトイチオシの「Hulu」と比較しながらご紹介していきます!

dTVのメリットは以下の通り。

・見放題作品数が12万作品もある
・月額料金が500円と圧倒的に安い
・dTVのスマホアプリは非常に使いやすい
それぞれ詳しく見ていきましょう!

見放題作品数が12万作品もある

最初のメリットは、dTVの見放題作品数の多さ

dTVでは、見放題作品と課金して見れる有料作品の2つがあるのですが、このうち見放題作品だけでなんと12万作品も用意されています。

ジャンルは、邦画・洋画、海外・国内ドラマ・アニメ・音楽ライブ・バラエティなど様々。

これだけのコンテンツがあれば、いくらでも時間を費やすことができますね。

対する、Huluの作品数は、4万本程度。
もちろんそれぞれの動画配信サービスには、強い部分と弱い部分がそれぞれあるので、一概にはどちらが良いとは言えませんが、

放題作品数に限って言えば、dTVが圧勝しています。

月額料金が500円と圧倒的に安い

dTVは、先ほど紹介したとおり非常に作品数が多いのが特徴なのですが、月額料金もびっくりするほど安いです。

dTVの月額料金は、月500円。
月に一度だけ、外で食べるランチを我慢すれば、12万もの作品が見放題になるってことですね。

ちなみに、当サイトでオススメをしているHuluの月額料金は933円

値段においても、huluにdTVが圧勝しています。

それ以外の動画配信サービスも基本的に1000円弱はすることを考えると、dTVがいかにコストパフォーマンスが良いかがよく分かりますね。

dTVのスマホアプリは非常に使いやすい

dTVの中々知られていないメリット、それはスマホアプリの使い勝手の良さです。

dTVのアプリでは、ユーザーが見たい作品を探さなくても、見つけやすくなっている「ザッピングUI」という機能が使われています。

「ザッピングUI」とは、予告編が次々とアプリ上で流れるシステムのこと。
少し分かりにくいと思うので、画像を使ってご説明しますね。

dTVのアプリのホーム画面では、このようにコンテンツの表示がされているのですが、ザッピングUIではこの一番上にある映画の予告編が自動で流れ出します。

1番上にあった映画「カルフォルニア・ダウン」の表示が変わったのが分かるでしょうか。
これはキャプチャ画像なので分かりづらいですが…、実際には予告編の映像が流れています。

他の動画配信サービスでは、このような映像が流れないため「あらすじや内容」を見るには一度クリックして詳細ページに飛ばなければいけません。
ですが、dTVでは自動で予告編が流れるため、指で動画をスライドするだけで興味のある映画が見つけられるようになっています。

さらに、このザッピングUIに加えて、動画をクリックした後の詳細ページもかなり使いやすいんです。
「ダウンロード機能」・「クリップ(お気に入り)機能」・「あらすじや作品情報の閲覧」が、直感的に操作できるように設計されています。

このアプリの使い心地は、ぜひ一度無料体験で体感してみてください。

dTVを利用するデメリット!Huluと比較してみた

ここまで、dTVのメリットを見てきましたが、反対に「どんなデメリットがあるのか」も気になりますよね。

dTVのデメリットは以下のとおり。

画質が他の動画配信サービスより劣っている

dTVは、他の動画配信サービスと比べて画質がやや悪くなっています。
dTVの画質は、基本的にSD画質。対するHuluの画質はフルHD

「SDとかフルHDとか言われても良くわからないよ!」

そんな方のために、分かりやすく表にしてみました。
上に行くほど、画質が良くなっていきます。

画質 こんな感じ!
4K ブルーレイよりもキレイ
フルHD Huluはココ! ブルーレイ並
HD 地上波のテレビ
SD dTVはココ! DVD

私たちが普段、普通にテレビを見ているときの画質がHD画質なので、SD画質はそれより下の画質です。
それでも、DVDくらいの画質なので見る分にはさほど問題はないのですが、テレビなどの大画面で見る際には、「ちょっと画質悪いな…」となるはずです。

ちなみに、スマホやタブレットなどの小さい画面で見る場合は、全然問題なく視聴することができます

dTVをテレビで視聴する方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

一つのアカウントで同時視聴ができない

dTVでは、一つのアカウントで複数人が同時に視聴することはできません

誰かが動画を見ている際に、同じアカウントでログインして動画を再生しようとすると、

「他のデバイスが視聴しています。同時に視聴できるのは1台のみです。視聴しているデバイスでの再生を停止し再度お試しください。」

という表示が出てきます。

ちなみに、Huluも視聴できるのは1アカウントに付き1人までです。

ただ、ここでご紹介したのは同じ時間帯に同時に視聴した場合のみ。なので、「家のテレビで視聴できるようにしたら、スマホでは見れなくなってしまった」なんてことは起きないので安心してください。
それでもこの表示が出てきてしまったら、ご家族の誰かが家のテレビで視聴しているに違いありません。笑

「家族や友人とみんなでシェアできる動画配信サービスがいい!」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ここまで読んでくださった方の中には、

「あれ…じゃあとイチオシのHuluよりdTVのほうが良いんじゃないの?」

と疑問に思った方もいるはず。

ただ、どんなサービスにも強み・弱みがあるように、HuluにもdTVにないような強みがたくさんあります。
少しだけご紹介すると、Huluの強みは洋画・海外ドラマのラインナップが強いこと。
もともと海外から来たサービスなので、海外系のコンテンツが充実しているんですね。

もっとHuluについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

さて、次からは実際にdTVを利用している方のリアルな口コミを見ていきましょう!

【実際に契約してみた】dTVの悪い評判・口コミをピックアップ

ここでは、実際にdTVを利用している方のリアルな口コミについて集めてみました。
ですが、ただ悪い口コミだけを淡々と紹介するのもあれなので、私が実際に使ってみてどの部分をどう感じたかも一緒にご紹介していきますね。

まずは、どちらかというと悪い口コミについて見ていきましょう。

見放題作品は多いけど、実際に見たいと思う作品はほぼ有料

まずは、「見たいと思うような映画はだいたい課金レンタルが多い」という口コミですね。

これは、私も実際に利用してみたところ、たしかに「これ見たいな!」ってなったものは有料レンタルが多かったです。
ただ、よく考えてみると「これ見たいな!」と思う作品って、だいたいが「ちょっと前に話題になっていた作品」「割と最近の作品」です。
実際のところ、これらの作品は他の動画配信サービスでもだいたい有料のものばかり。

なので、「新作や、割と新しくて話題になった作品」をメインで見たいと思っている方は、dTVを契約しても上記のように思う可能性が高いです。
反対に、「少し古いけど定番の作品」については、見放題率が高く満足できるラインナップが揃っていました。

dTVのラインナップについてもっと知りたい!という方はコチラをご覧ください。
(リンク dTV ラインナップ)

「見たい映画がもう決まってるよ!」という人は、契約する前に見放題コンテンツに含まれているのか検索してみることをオススメします。

dTVでは、会員登録していなくても作品の検索が可能です。

「dTV公式サイト」

見放題作品と課金作品の両方があって分かりにくい

次は、こちらの口コミ。
dTVには、見放題作品と課金レンタル作品の2つがありますが、この「課金作品と見放題作品の違いが分かりにくい」・「見放題作品だけの方がわかりやすい」というものですね。

これについても、実際分かりにくかったです。
dTVで課金の作品は、下の画像のように作品名の横に¥マークがついています。

これが見放題作品であれば、このマークは表示されません。

もちろん、課金作品の場合、クリックして再生するまでに必ず確認が入るので、「間違えて課金してしまった…」なんて事態にはなりませんが、
課金レンタル作品も同じように表示されてしまうと、「これも見放題なのかな…!」と期待してしまいます。

でも、実際にはレンタルなことに気づいて、それがこのような口コミにつながっているのでしょう。

ただし、有料レンタルと見放題のどちらもあるというのは、私的にはメリットにも感じました。
もし有料レンタル作品が見れなかったら、ツタヤなどにわざわざ足を運んでDVDを借りなければいけません。(Huluなどは見放題作品しかないので、見放題にない作品は一切見れません)
dTVがこうして有料作品も配信してくれているおかげで、いつでもレンタル作品もみることができているのかな。と思います。

なので、この見放題と課金が分かりにくいというのは、自分で見分け方をしっかりと把握して付き合っていくしかないですね。

これ以外にも、よくある口コミとして以下のようなものがあります。それぞれ実際の感想も記載しているので、参考にしてみてください。

「解約を行ったのに、引き落としされ続ける」

私はdTVをしばらく利用していましたが、やめた月以降は請求が来なかったので、登録時に何らかの不手際があったと思われます。

自力で解決できない場合は、docomoのお問い合わせ窓口に電話してみましょう。

電話番号:0120-800-000(ドコモユーザーの方は、電話番号:151)

「無料期間中に解約したのに請求が来た」

私が勧めて、友人が無料体験を行い、期間中に解約を行いましたが一切請求はありませんでした。

この場合、過去に無料おためし期間に登録していた可能性があります。携帯契約を行った際にオプションとしてついていた場合も、お試しとしてカウントされているので注意しておきましょう。

【実際に契約してみた】dTVの良い評判・口コミをピックアップ

まず先に、dTVの悪い口コミ・評判に関してご紹介してきましたが、良い口コミ・評判についても見ていきましょう!

実際、こっちの方が気になりますよね笑

月額料金が安く、コストパフォーマンスが最高

やっぱり、dTVの良い評判を調べると料金の安さや・コストパフォーマンスについての口コミが非常に多いですね。

実際に利用してみた私からしても、月額500円と安いのに、これだけのコンテンツが見放題になっているのは、驚異的なコスパに感じられました。

コンテンツがとても充実している

上のコスパの部分と少し被ってしまいますが、コンテンツの充実度が高いという口コミも多く見受けられました。

やっぱり、見放題コンテンツだけで12万作品もあるので、コンテンツの充実度はかなり高いですね。
映画・ドラマ以外にも、アニメや音楽系のコンテンツが結構充実している印象を受けました。

ここまで、dTVの悪い評判から良い評判までをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

いい評判だけを見て決めるのではなくて、試して見る前に悪い評判やデメリットも知っておけば、後から「思ってたのと違う…」なんてことにはなりにくくなりますね!
ただ、ここでdTVが良さそうだからと言っていきなり有料契約をするのではなく、せっかく31日間の無料試しがあるので、実際に試してみましょう!

 

最後に、「dTVは実際どんな人に向いている動画配信サービスなのか」という点について、解説して行きますね。
特に、ここまで読んだけど「dTVにするか、他の動画配信サービスにするかまだ迷っている」方は、ぜひ最後までお付き合いください!

dTVはどんな人にオススメ?向いている人の特徴とは。

ここまでdTVのメリット・デメリットから、リアルな評判までをご紹介してきましたが、実際のところdTVはどんな人に向いているのでしょうか。

ここでは、そんなdTVが向いているという人の特徴をご紹介していきます。

とにかくコスパ重視でたくさん視聴したい

やはり、dTVは月額500円という低価格ながら、12万作品ものコンテンツが見放題のため、コストパフォーマンスは最高です。

テレビで見るにしても、DVD程度の画質はあるので、できるだけ料金は抑えたいけれども沢山視聴したい方に向いています。

登録しても本当に見るか怪しい

「動画配信サービスに興味はあるけど、実際そんなに映画を見るかわからない…」
「割と仕事が忙しくて、そんなに動画を見る時間あるかな…」

なんて方は、結構いらっしゃると思います。
そんな方にも、dTVであれば月額500円なので結局あんまり見れなかったとしても、そんなに気にならないでしょう。

また、映画やドラマ自体は好き!なんて方は、意外と見たら止まらなくなってしまって、たくさん見てしまった!なんて方も多いハズ。

dTVだと、12万作品もあるので、急にマイブームが来たときにもたっぷりとコンテンツを視聴することができます。

家でカラオケをするのが趣味

実は、dTVではカラオケ動画も多く配信されており、その数なんと70000曲以上。
自宅でカラオケができるサービスとしては、他にDAM CHANNELというものがあるのですが、こちらの月額料金は月1080円

これを考えると、カラオケもできて映画も見れるdTVのオトクさが際立ちますね。
自宅カラオケも試してみたい方には、dTVが非常にあっていると思います。

dTVではなく他の動画配信サービスに向いている人の特徴

リビングのテレビなど大画面で楽しみたい

dTVのデメリットのなかでもお伝えしたとおり、dTVは他の動画配信サービスよりも画質が劣っています。
DVDの画質と同じです。

「それなら見れるじゃん」と思いがちですが、実はいつも私達が見ている地デジの画質はHD画質と、dTVよりも高画質。
なかなかDVDを借りてみることもなくなってきた今、改めてSD画質で見ると結構気になると思います。

大きいテレビになると、なおさら。

それに加えて、最近の映画は映像美が特徴のものもしばしば。
そのため、「大画面でしっかりと映画を楽しみたい」と思っている方には、Huluなど別の動画配信サービスをオススメします。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

家族・友人とシェアして利用したい

先ほどもご紹介したとおり、dTVでは一つのアカウントで同時に複数人が視聴することはできません。

なので、「誰か1人がdTVと契約をして、そのアカウントでみんなも視聴する」のは難しいです。

家族や友人とシェアしたい!という場合、Netflixなどでは同時に〇〇人まで見れるファミリープランも存在します。
コチラのほうが、dTVをそれぞれ個人で契約するよりもオトクに利用できるので、dTV以外の同時視聴ができる動画配信サービスを選んだほうが良いでしょう。

詳しくはコチラを御覧ください。

まとめ

このページでは、dTVの評判・口コミについて、私の感想も交えながらご紹介してきました。
私は契約して3ヶ月ほど利用していたのですが、安い料金で多くのコンテンツが見れるので、本当にコストパフォーマンスだけで見たら最高の動画配信サービスとなっています。

ただ、やっぱり大画面で見たときの画質はちょっと粗いですね。(U-NEXTも契約しているので、実際に比較をしてみました。)
料金的にも、コンテンツ内容的にも、「初めて動画配信サービスを契約する!」なんて方には、ぴったりなのでぜひ一度試していただけたらと思います!

動画配信サービスをうまく活用して、一緒に快適な動画生活を送りましょう!